注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

脱・ズボラママ!掃除嫌いを克服して、理想のお部屋を手に入れるための5つのステップ

家事

2019.06.22

193-1

快適な生活空間をキープしていくために、「掃除」が大切だということはわかっていても……ついつい後回しにしてしまう!なんでズボラママはいませんか? やらなくても死なない!なんて開き直るのも一つの手ですが、やはり定期的に行った方が、毎日の生活を快適に楽しめることでしょう。

そこで今回は、ズボラママから脱却するための5つのステップを紹介します。無理のないところからスタートして、理想のキレイ好きママを目指していきましょう!

 

■ステップ1「理想のお部屋のイメージを固める」

掃除嫌いから脱却するために、まず重要なのは、「自分の理想の部屋」のイメージを固めるということです。現状とはかけ離れているイメージでも構いません。「私、本当は、こんな家で暮らしたかったんだよなぁ」というお部屋を思い浮かべてみてください。

嫌いなことに真正面から向き合おうとするときには、ネガティブなイメージを抱きがちなもの。だからこそ、まずは明るい「目標」を見つけることで、気持ちを前向きにすることが大切です。

理想のお部屋のイメージが固まったら、スマホの壁紙に設定したり、プリントして部屋に貼ったりと、目につきやすいところに設置するのがオススメです。

 

■ステップ2「不用品を手放してみる」

では次に、いよいよ具体的な手順に映っていきましょう。とはいえ、最初から難易度の高い掃除に取り組む必要はありません。まずは「不用品を手放す」ところからスタートします。

デパートの紙袋や数年前の書類など……家の中には、さまざまな不用品が眠っています。一日に一つでも構いませんから、処分する習慣を身につけましょう。

何気なく手にしたアイテムを、疑問を抱くことなく元の場所へと戻すのは止めましょう。「本当に、今の自分に必要なのかな?」と、考える仕組みを整えてみてください。

■ステップ3「掃除ルーティーンを作ろう」

室内のモノがある程度減ってきたら、次はいよいよ「掃除」に取り掛かります。掃除が苦手な人にとって、「とにかく面倒臭い」と感じることも多いもの。この「面倒臭い」を乗り越えるためには、掃除をいくつかの手順に分けて、ルーティーン化するのが一番です。

キッチンを片付けたら掃除機をかけ、全体がなんとなく整ったらOK程度で構いません。また、どうしても苦手な作業があるなら、それを解消してくれる便利アイテムも積極的に活用しましょう。

・お掃除モップ
・ロボット型掃除機
・雑巾がけ用ロボット掃除機

多少コストはかかりますが、毎日のストレスから解放されると思えば安いもの。これらのルーティーンに取り入れることで、毎日の作業を楽にできます。

 

■ステップ4「プラスワン掃除の実践」

毎日のお掃除ルーティーンに慣れ、負担を感じにくくなってきたら、次のステップへと移るサインだと言えます。次は、毎日のルーティーンに加えて、「プラスワン掃除」を実践するようにします。ルーティーン掃除を終えたあとに、「1カ所だけ」掃除する箇所を増やす、というわけですね。

このときのコツは、時間を「15分」に区切ること! これ以上プラスワン掃除にかける必要はありませんし、また時間が余ったからといって、別の場所に手を付ける必要もありません。

プラスワン掃除としてオススメなのは、以下のようなメニューです。

・キッチンのシンクを磨く
・テレビ台の上を拭く
・引き出しを一段のみ整理する
・ペンダントライトをきれいにする
・洗面台の鏡を拭く

「たったそれだけのこと?」と思うかもしれませんが、毎日15分掃除時間をプラスするだけで、家の中のピカピカな場所は確実に増えていきます。1日にたった15分でも、1カ月では7時間30分もの掃除時間を確保できる計算になります。

うまく「掃除する箇所」をコントロールすることで、「年末の大掃除が必要ない仕組み」を作ることも可能なのです。

■ステップ5「掃除しやすい環境の整備」

掃除嫌いから脱却するための最後のステップは、仕上げとなります。せっかく掃除した家が、再度グチャグチャな状態に戻ってしまわないよう、「散らかりにくく掃除しやすい環境」を整えてみてください。

床に直置きするアイテムの数を減らし、飾る小物を厳選するだけでも効果はあります。また掃除しやすい環境を整備するためには、家族の協力が必須となります。家族にとっても使いやすい収納システムや、手軽にさっと掃除できる環境を整えていきましょう。

自分だけで掃除に取り組むのではなく、「家族全員で協力するタスク」と捉えることで、掃除の難易度はぐっと下がることでしょう。

 

■まとめ

193-2

散らかった部屋を前に、「いったいどうすれば良いのかわからない……」と、途方に暮れてしまう方は、決して少なくありません。

もともときれいな部屋を、そのままきれいに保っていくことは、実はそれほど難しくありません。現在グチャグチャになってしまっている環境を、きれいな状態に戻すという作業が、一番大変なこと! 逆を言えば、ここさえ乗り切ることができれば、もう怖いものはないのです。

「正直掃除は嫌いだけど……子どものためにも家族のためにもなんとか克服したい!」と思えたら、自分を変える絶好のタイミングだと言えるでしょう。ぜひ「理想のお部屋」をイメージして、前向きな気持ちで一つずつ取り組んでいってくださいね。

段階を踏んで少しずつ成長していくことで、「掃除嫌いな自分」から、自然と卒業していけるはずですよ。そう遠くない未来に、理想のお部屋で理想の生活ができそうですね。

あなたにオススメの記事

家事テーマ : 【掃除】その他の記事

掃除
もっと見る