2019.05.08

全部「捨てる」はもったいない!ベビー用品の断捨離方法

164-1

ベビー服、おもちゃ、ベビーカーなど、ベビー用品は必ず必要だし、可愛いわが子にはやっぱり喜ぶものを、とついつい色々と買ってしまいますが、早ければ1年、遅くても数年後にはほとんどのものが不要になりますよね。

わが子可愛さに、買うだけ買って整理しないと、気づけば部屋がもう使わないベビー用品で溢れかえっている…。

なんてことにならないようにしたいけど、捨てるのはちょっとなぁ。

今回はそんな悩めるママたちに、ベビー用品の断捨離方法をご提案します。

 

1.ベビー用品断捨離のコツ:残すものの量を決める。

ベビー用品には、ベビーベッドやチャイルドシート、ベビーカーのように大型で重いものと、ベビー服やおもちゃなど、比較的小型で軽いものがあります。

大型のものは処分の仕方に困る反面、処分すること自体に未練は湧きません。

しかし服やおもちゃは、子どもが遊んだ思い出がよみがえって、処分に躊躇するものが多いですよね。

大人になったわが子に、いつか思い出話と共に渡してあげたい、というママの声もよく聞きます。

ただ何でもかんでも残してしまうと、部屋がとんでもないことになるのでNG。

そこで、残すものの量を決めてしまいましょう。

例えば衣装ケース1箱分。

例えばトランク1個分。

その中に入る量は残してOK、とルールを決めてしまえば、不要なベビー用品がそれ以上増えることがありません。

アンティーク風のトランクに詰めたら、時々整理を兼ねて入れ替えを行って、子どもの独立や結婚を機にそのまま渡す、なんておしゃれじゃないですか?

佐藤 千尋

佐藤千尋
宮崎県のライターで執筆歴は3年。家事歴10年の経験を活かして、皆さんに役だつ情報を提供できれば幸いです。