2019.04.14

食器は手洗い派!早くキレイに片付けるテクニックまとめ

19-1

みなさんは食器を洗うとき、手で洗う派ですか、それとも食洗器派ですか?

もし家に食洗器があったとして、大抵は食洗器で洗っていても、手洗いを一切使っていないご家庭はないのではないでしょうか?

今回は、手洗い派の方や、食洗器と手洗いの併用をしている方に、効率的な食器洗いのコツをご紹介します。

少しの工夫で、時短や節水につながる食器の洗い方をぜひ覚えて下さいね。

1.食器を洗う前にやっておくべきこと3つ

①洗い物を分ける。

食器を洗う前に、洗う順番を決めておくことが、時短への第一歩です。

まず、洗う食器の仕分けをしましょう。

仕分ける基準は、「汚れ度合い」と「壊れやすさ」です。

1.壊れやすく、汚れの少ないガラス類

2.油汚れの少ない食器

3.油汚れの多い食器

この3種類くらいに分けましょう。

②油汚れは、洗う前に取る。

ひどい油汚れや食べかすは、新聞紙やゴムベラなどを使って洗う前に取っておきましょう。洗う時間も水の量もかなり短縮できます。

あらかじめ新聞紙などを適当な大きさに切ってためておけば、ティッシュのように使うことができます。

汚れは水に流さず、そのままゴミとして捨てましょう。

③洗いおけやボウルにつけておく。

ご飯つぶなど、汚れは乾くと取れにくくなってしまいます。

洗いおけやボウルにつけておくだけで、簡単に汚れを落とすことができます。

洗いおけがなければ、大きめの鍋でもかまいません。

④フライパンや鍋の汚れは、熱いうちに取っておく。

油汚れは、冷めると取るのが一苦労。

使ったあとすぐに新聞紙やキッチンペーパーで油汚れを取っておきましょう。

洗う時の手間が断然違います。

佐藤 千尋

佐藤千尋
宮崎県のライターで執筆歴は3年。家事歴10年の経験を活かして、皆さんに役だつ情報を提供できれば幸いです。