コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

みんなはお掃除にどのくらい時間かけてる?主婦の掃除平均時間と効率化のすすめ

家事

2018.09.21

共働きが標準化されている昨今では、どれほど忙しくても仕事と家事を両立しなくてはなりません。いくら夫が手伝ってくれるとはいえ、家事の主導権を握るのは女性が多いかもしれませんね。

家に帰ると料理に洗濯、掃除に子育てと、やることが多すぎて自分の時間をゆっくり持つこともできません。できるだけ家事は時間をかけずに、すぐに終わらせたいですよね。特に時間のかかってしまう掃除は、時短テクを使って要領よく済ませたいものです。

忙しい主婦の人たちは、普段どれぐらい掃除に時間をかけているのでしょう。

■主婦の掃除頻度とその時間

22

2017年の主婦向けのアンケートでは、毎日掃除をしている人は全体の56パーセントで、週に2、3回掃除をするという人が30パーセントという結果になっていました。週1回という人は14パーセントで、半数近くの人は週に数回程度の掃除をされているようです。

掃除時間はどれぐらいかけてるかというと、半数近くが30分程度で、30分未満の人が19パーセント、30分以上1時間未満の人はおよそ29パーセントでした。忙しい主婦からすると、掃除にあまり時間をとることはできないものです。

仕事の忙しさや子どもの年齢などにもよって、掃除をできる頻度や時間は変わってくると思われますが、みなさんしっかりお掃除はされているようです。

掃除は毎日するに越したことはないですが、それが自分への負担やストレスになってしまうようであれば、少し考えたほうが良いかもしれません。

自分がしなければ誰もしてくれないと思って、疲れた体にムチを打って掃除をしている人もいることでしょう。真面目な人や完璧主義な人ほど、自分を追い込んでしまうのではないでしょうか。

仕事で疲れ、帰ってきてからは掃除や他の家事に追われて疲れきってしまうと、肉体的だけでなく精神的にも余裕がなくなってしまいます。イライラした顔で家事をしているより、掃除をサボって体を休めたほうが心に余裕が生まれます。

家族に心配をかけないためにも、自分のペースに合わせて掃除をするようにしたほうが良いでしょう。

■時短用おすすめ掃除グッズ3選

22-2

主婦にとって大事なのは、いかに掃除を簡略化できるかですよね。掃除時間を短縮できるなら、掃除グッズを取りいれてみることを考えてみてはいかがでしょう。

掃除で一番時間がかかってしまうのは、やはり掃除機をかける時間です。掃除機をかけるために散らかった部屋を片付け、それから掃除機をかけるとなると、とても時間がかかってしまいます。

どのみち片付けなくてはいけないから…と思えそうですが、掃除機をかけることが目的であれば、散らかった荷物や洋服はソファなどにひとまとめにしておき、掃除機をかけることをメインにすれば時間はそれほどかかりません。

それよりもっと掃除の時間を短くしたいと思うなら、掃除用のワイパーやモップがおススメです。掃除機を出し入れする手間もなく、簡単にほこりやゴミを集められます。集めたゴミはほうきと塵取りで集めて、これで掃除は終了です。毎日モップをかけるだけでも、部屋にゴミや汚れがたまるのを防げます。

モップをする時間すら惜しいと思う人は、お掃除ロボットの購入を検討してみましょう。お掃除ロボットというと高額なように思えますが、最近では性能も良い割安なものも数多く販売しています。帰ったら家がキレイになっているなんて、主婦にとっては理想的ですよね。

あまりお金をかけずに簡単に掃除ができればいいと思う人には、粘着クリーナーでこまめに掃除するという方法もあります。コロコロと呼ばれるお掃除グッズですが、カーペットだけでなくフローリング用のクリーナーも販売されていますので、気になる部分をコロコロするだけで、細かいほこりやゴミをキレイに貼りとってくれます。

■掃除が苦手な方へのおすすめアプリ

あまり掃除は好きじゃないという人は、意外に多いものです。もう少しして掃除しよう、明日こそ掃除しよう、などと後回しにしているとさらに部屋が汚れてしまい、どこから手を付ければ良いか分からなくなってしまいます。

そんなときに便利なのが、掃除のために役立つアプリです。掃除が苦手な人は、ついごみを捨て忘れしまうことも少なくありません。

ごみをため過ぎてしまうと、悪臭や害虫が発生する原因となってしまうので、できるだけごみの捨て忘れは避けたいですよね。

iPhoneから提供されている「ごみの日アラーム」は、ごみの日や前日にアラームを設定でき、ゴミの捨て忘れを解消してくれます。ごみの収集日だけでなく、ごみの種類までも設定することができます。

他にもiPhoneアプリには、掃除に役立つさまざまなアプリが登場しています。掃除は日頃からこまめにしていないと、結局は大掃除をしなくてはならないため、掃除をするのがどんどん億劫になります。

こうした事態を避けるには、一日一箇所でも良いから少しずつ掃除をすること。「Tody」は掃除をしなくてはならない項目ごと掃除頻度と内容を入力することで、掃除のキレイ度がインディケーターに表示されます。

掃除をしなければ、どんどんゲージがたまっていきますので、どこから掃除すべきなのかを教えてくれる役立つアプリです。

こうした掃除サポートアプリを活用することで、苦手な掃除も克服できるかもしれませんね。

あなたにオススメの記事

家事テーマ : 【掃除】その他の記事

掃除
もっと見る