2019.09.12

誰だって嫌だろ…害虫退治を拒否する夫に飛ぶ辛辣な声

どこにでも存在する「虫」。小さい頃「虫捕り」をして遊んだ男性は多いかもしれませんが、中には苦手で「触ることもできない…」といった人も。ネット上では、“虫の対処”に苦労する夫の声が続出していました。

 

妻は虫嫌いな夫にがっかり!?


妻子持ちのAさんは、昔から虫が大の苦手。触ることはもちろん、見るだけでも気持ちが悪くて逃げ出したくなるそうです。そんなAさんの家では、度々虫が発生。「虫を見つけたら、すぐに妻や子どもを呼んで対処してもらいます。ただ小さい虫に怯える僕に対して、妻はいつも『情けない』と呆れ顔…。嫌いな虫を上手く対処するための方法はないでしょうか?」と周囲に投げかけています。

 

Aさんの悩みに共感する男性からは、「どんな虫でも気持ち悪いし、飛ぶ虫とかはもはや怖い。見つけた時は反射的に避難してしまう」「子どもの頃は平気だったのに、いつの間にか無理になってたな」「妻には『男のくせに…』とよく言われるけど、苦手なものは苦手。退治できる人に任せてます」といった声が続出。中には「昔寝ていた時に虫が顔に落ちてきて、そこから全ての虫がNGになった」など、過去の思い出からトラウマになる人も見られました。どんなにサイズが小さくても、虫が苦手な男性は多いようです。

 

一方夫の代わりにいつも虫退治をする妻たちは、「ダサいの一言に尽きる。頼りない夫と感じてしまうよね」「私だってイヤだけど、誰かやらなきゃいけないんだから。夫には我慢してでも対処してほしい」「虫が出る度にギャーギャーうるさいし、イラつく」など夫に対して辛辣な声をぶつけていました。

 

>>NEXT 虫が苦手な人へのアドバイス

古山翔

娘2人と息子1人を抱えて奔走するパパライター。夫婦それぞれの仕事を充実させつつ、趣味の時間も確保するために家事や子育てのアップデートを欠かさない。自身は完全インドア派だが、アウトドア派の妻と元気な子どもたちに影響されてピクニックやキャンプをするようになった。