2019.09.15

外さず簡単!網戸の手入れはそのまま実践

30-1

気候の良い時期には、家じゅうをピカピカにするのもオススメです。普段は手を付けにくい場所も、天気が良ければ「よしやってみよう!」なんて気持ちになりやすいですよね。

さて、目にする機会も多いものの、お手入れするのは面倒くさい……と思いがちな場所といえば、網戸です。できるだけ手軽に網戸のケアを実践するために、外さずにできるお手入れ方法を紹介します。


■そのまま清掃!

網戸のメンテナンスで、もっとも頻度が高いのが掃除です。汚れたままの網戸は、意外と目立ってしまうもの。たとえ窓をピカピカに磨いたとしても、なんとなく汚らしい雰囲気になってしまいます。

汚れが目立ち始める前に、定期的に実践したい網戸の清掃ですが、「いちいち取り外して洗うのは面倒くさい!」と思う方も多いのではないでしょうか。こんなときには、網戸を外さずにお手入れできる方法を実践するのがオススメです。

以下のアイテムを用意して、手軽に挑戦してみてください。

・新聞紙
・掃除機
・スポンジ
・雑巾

網戸掃除のコツは、まず埃やゴミなど、大きな汚れを取り除くということです。これを無視したまま雑巾がけを行っても、なかなかきれいになりません。

網戸に溜まったゴミを取り除く方法は意外と簡単で、網戸の向こう側に新聞紙を貼り付け、あとは網戸の表面に、優しく掃除機をかければOKです。新聞紙で片面をふさぐことで、ゴミを逃さずにキャッチすることができます。

掃除機が用意できない環境であれば、ブラシを使ってゴミを取り除くのがオススメです。洗車用の大きめのブラシであれば、広範囲も素早くお手入れ可能です。

目立つ汚れを取り除いたら、次は水に濡らしたスポンジで、全体の汚れを除去していきましょう。汚れがしつこい場合には、メラミンスポンジを使用するのがオススメです。網戸全体を掃除しようと思うと、それなりに手間がかかってしまうもの。できるだけ表面積が大きいスポンジを選択すると良いでしょう。

最後に雑巾できれいに仕上げれば、面倒に感じがちな網戸清掃が完了します。

いろいろなアイテムを揃えるのが面倒なときには、市販の網戸専用クリーナーを購入するのもオススメです。ハンディ・クラウン NEW網戸お掃除ローラーは、バケツに洗浄液を作り、たっぷりと含ませたあとにコロコロすれば汚れを除去できます。そのあと、固く絞った雑巾で最後のふき取りを行えば、メンテナンスは完了です。

佐藤 千尋

佐藤千尋
宮崎県のライターで執筆歴は3年。家事歴10年の経験を活かして、皆さんに役だつ情報を提供できれば幸いです。