2019.08.20

お弁当の幅が広がる!スープジャー活用レシピ

14-1

いつでも温かいスープが楽しめるスープジャー。お弁当を持参している人にとって、お昼に温かいスープが飲めるのはとても嬉しいですよね。スープジャーは保温や保冷機能にすぐれているので、長時間たっても温かいものは温かいままで、冷たいものは冷たいまま食べることができます。スープジャーを活用すれば豊富なメニューをランチに楽しめますので、一つは持っておきたいアイテムです。今回はスープジャーを活用したレシピについて、ご紹介します。

■おかゆ

初めてスープジャーを使うときは、無難なおかゆから始めてみましょう。

ご飯と梅干し、塩昆布を用意します。スープジャーに熱湯を入れ、温めておきます。スープジャーのお湯を捨て、ご飯と梅干し、塩昆布をスープジャーに入れ、熱湯を注ぎます。

昼にはちゃんとしたおかゆが出来上がっています。梅の代わりにサケやたらこを入れても、おいしくいただけます。

同じ要領で雑炊も作れます。お湯の代わりにだしを入れ、溶いた卵を入れておけば、雑炊が完成します。

■みそ汁

スープジャーを熱湯で温めておきます。好みのみそ汁の具材をカットします。根菜を入れる場合は、レンジで温めておくか、またはお湯でゆでて柔らかくしておきます。スープジャーの中にだしの素と野菜、味噌とお湯を入れて完成です。

本格的なみそ汁を味わいたいと思うなら、スープジャーの中に削り節を少々入れておくと、風味豊かなみそ汁に仕上がります。

野菜を切ったりゆでるのが面倒な場合は、カット野菜を利用したり、フリーズドライの野菜を活用すればさらに時短になります。

もっとも簡単な方法はインスタントのみそ汁をスープジャーに入れ、フリーズドライの野菜を入れるだけで、みそ汁が完成します。

佐藤 千尋

佐藤千尋
宮崎県のライターで執筆歴は3年。家事歴10年の経験を活かして、皆さんに役だつ情報を提供できれば幸いです。