2019.07.03

もう「冷凍食品だらけ」なんて言わせない!一工夫したお弁当レシピ

10-1

お弁当をできるだけ楽に、そして手早く作るために欠かせないのが冷凍食品です。さまざまバリエーションが登場している今、「飽きずに長く楽しむ」こともできますよね。しかし一方で、「どれを選んでも、結局同じような雰囲気になってしまう……」なんて悩みを抱いている方もいるのではないでしょうか。

こんなお悩みを抱き始めたときには、冷凍食品のアレンジを楽しんでみてください。冷凍食品だらけには見えない!?一工夫でより魅力的なお弁当を作るためのテクニックを紹介します。

 

■冷凍ハンバーグをドレスアップ!

お弁当に欠かせない冷凍ハンバーグですが、ちょっとした工夫を凝らすことで、華やかなアレンジメニューを楽しめることをご存じですか? アレンジに使う材料を変えるだけで、ハンバーグの味や雰囲気がガラリと変わります。

3つのアレンジ法を紹介するので、毎日のお弁当作りに活用してみてください。

★キノコチーズマヨハンバーグ

こちらは、ハンバーグの上にしめじやえのきといったキノコを置いて、チーズとマヨネーズをかけ、オーブントースターでチンするだけでできるアレンジメニューです。

ハンバーグの上にちょこんと乗ったキノコが、冷凍ハンバーグにはない華やかさをプラスしてくれます。チーズはピザ用のものでOKですし、マヨネーズも絞るだけでOKです。短時間でも、手抜きに見えないおかずが出来上がります。

★煮込みハンバーグ

ハンバーグの中でも、手の込んだ印象のある煮込みハンバーグですが、電子レンジと冷凍ハンバーグを使えば、一瞬で完成します。

作り方は簡単で、小さめのカップにソースとケチャップを入れて混ぜたら、そこに冷凍ハンバーグを入れます。そのまま電子レンジに入れて、2分ほど加熱すれば出来上がりです。

このハンバーグなら、冷凍食品特有の「パサパサ感」も自然にカバーすることが可能。ふっくら柔らかに仕上がりますよ。

★ミニロールキャベツ

レンジでチンしてしんなりさせたキャベツで、ハンバーグを包んで固定しましょう。コンソメスープに浸して、煮込むだけでロールキャベツが出来上がります。もちろんトマトソースやデミグラスソースでのアレンジもOK。お弁当ながら、美味しい家庭の味を楽しめるでしょう。

佐藤 千尋

佐藤千尋
宮崎県のライターで執筆歴は3年。家事歴10年の経験を活かして、皆さんに役だつ情報を提供できれば幸いです。