2019.06.04

余ったカレーを翌日のランチに!カレー弁当のアイデアレシピと注意点

11-1

カレーライスは作るのも簡単で、子どもから大人まで大好きなメニューですよね。しかし、ついつい作りすぎてしまって、消費に困るという経験のある方は多いでしょう。

そんなときにおすすめなのが、お弁当用に残り物のカレーをリメイクするレシピです。お弁当にカレー!?と思われるかもしれませんが、実は最近では常識になりつつあります。

注意点と合わせてご紹介したいと思います。

■チーズがとろ~り、ガッツリ焼きカレー弁当

カレーとチーズは冷めても美味しい最強タッグ。前日に仕込んでおけば、当日の朝はオーブントースターで焼くだけなので、お手軽なのもうれしいポイントです。

<材料>(1人分)
ごはん・・・お好みの量
残り物のカレー・・・お好みの量
ビザ用チーズ・・・お好みの量
パン粉・・・適量
粉チーズ(あれば)・・・適量
パセリ・・・適量

<作り方>
1.耐熱容器に温かいごはんをお好みの量入れ、その上からまんべんなくカレーをかける。
2.ピザ用チーズを上からかけ、パン粉、粉チーズ、パセリも乗せる。
3.オーブントースターで、表面に軽く焼き目がつくくらい焼き、出来上がり。
※ある程度冷めてから蓋をするようにしてください。

■手間はかかるけどやっぱりおいしい!カレーコロッケ

コロッケは自宅で作るのが難しいので、いつもスーパーやお肉屋さんのお惣菜で買っているという方は多いでしょう。しかし、揚げ方のコツさえつかめば意外と簡単なレシピなんです。手間はかかりますが、時間のある時にぜひ作ってみてください。

<材料>
残り物のカレー・・・お玉2杯分
じゃがいも・・・中2個
小麦粉・・・適量
卵・・・1個
パン粉・・・適量

<作り方>
1.じゃがいもの皮をむき8等分に切る。
2.1を耐熱容器にのせて、水大さじ3(分量外)をかける。
3.ふわっとラップをかけて、電子レンジで3分加熱し、取り出して潰す。
4.ボウルに潰したじゃがいもとカレーの残りを加え、混ぜ合わせる。
5.4を俵型に成形し、小麦粉→卵液→パン粉の順につける。
6.熱した油できつね色になるまで揚げて出来上がり。
※お弁当用に小さく成形した場合は揚がるのが早いため、ご注意ください。

佐藤 千尋

佐藤千尋
宮崎県のライターで執筆歴は3年。家事歴10年の経験を活かして、皆さんに役だつ情報を提供できれば幸いです。