2019.09.01

マンネリしがちな“おにぎり”に革命!思わず自慢したくなる【アレンジおにぎり】のススメ

01

お弁当の日、お出かけの時、朝ごはんにも、パパっと作っておいしくいただけるのがおにぎりの魅力です。おにぎりの“具”というと、鮭、梅干し、昆布…それだけでもとってもおいしいですが、いつも同じ具だと、ちょっと飽きてしまうかもしれません。家の冷蔵庫にある材料を一工夫したり、時間のある日はひと手間かけたりして、誰かに自慢したくなるような“アレンジおにぎり”を作ってみませんか?食べてくれる人も、「今日はどんなおにぎりかな?」と、ワクワクしてくれること間違いなしです。

■おにぎりのイメージをガラッと変える洋風おにぎり

おにぎりというと和風のイメージ強いですが、お米を使った洋風メニューもたくさんあるので、おにぎりを洋風にしても合わないわけがありません。そこで、簡単に作れてインパクト大の洋風おにぎりを紹介します。

◎イタリアン焼きおにぎり

1.ドライトマトを刻み、ご飯の中に入れて混ぜて、パルミジャーノチーズも加えて混ぜ合わせ、好みの形に握ります。

2.トースターにアルミホイルを敷いて、サラダ油を塗っておきます。表面に焼き色をつけたら完成です。

お米全体にドライトマトの風味広がり、程よく溶けたパルミジャーノチーズがおにぎりの周りをコーティングし、見た目にもおいしい洋風焼きおにぎりになります。材料の量は、お好みにより調整してください。

◎枝豆と生ハムのカラフルおにぎり

1.枝豆(冷凍でも良い)の豆をサヤから取り出し、ご飯に混ぜる。

2.ラップに生ハムを広げて、その上に1を乗せ、ラップに包んで握ります。できれば生ハムから枝豆がうっすら見えるように握るとカラフルで綺麗です。

枝豆の緑と生ハムのピンクの色合いが鮮やかでとってもオシャレなので、パーティーやおつまみにもピッタリです。材料さえ用意しておけばすぐに作れるので、おもてなしの席にもおすすめです。

佐藤 千尋

佐藤千尋
宮崎県のライターで執筆歴は3年。家事歴10年の経験を活かして、皆さんに役だつ情報を提供できれば幸いです。