注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

夏休みはママの試練!?普段の生活より疲れる・憂鬱…との回答が7割超に!

家事

2018.08.01

2018.09.11

20180731tukare01食品宅配を展開するオイシックス・ラ・大地株式会社が、一都三県に住むママを対象に「夏休みの家事に関する調査」を実施。夏休みに「実は疲れている」と答えたママが多いことが明らかになりました。

 

夏休みはママの負担が大きくなる時期!


幼児~小学生の子がいるママに「子どもが夏休みの時期は普段の生活より『大変』『疲れる』『憂鬱』と感じますか?」と質問したところ、75.2%の人が「はい」と回答。夏休みはママにとって負担が大きい期間ということがわかりました。

20180731tukare02
20180731tukare03

 

20180731tukare04

次に「普段の生活と比較して、特に負担がかかる家事」を調査したところ「昼食の調理」が最も多く、「お弁当作り」と合わせると67.6%の人が負担になると回答しました。この結果は、夏休みで子どもが終日家にいるためお昼ご飯を作る必要や、学童のためのお弁当を作る必要が出てくるからだと考えられます。

夏の料理は火を使うから億劫に!?


続いて、夏に料理をすることに関して「普段と比較した時のやる気の変化」について質問。その結果「やる気がとても下がる」「やる気がやや下がる」という回答が多く、合わせて70.1%に上ることがわかりました。理由については、「暑いので火を使うのが億劫になる」「暑いので火を使いたくない」といった声が寄せられています。

20180731tukare05

 

20180731tukare06

また、「夏に料理をする上で最も重要視するポイント」についても調査。回答が多かったのは、「簡単にできる」「調理時間が短い」「なるべく火を使わない」の3つでした。

 

20180731tukare07

さらに、夏に料理をする上で「理想の調理時間」について質問したところ「10分~20分」が41.4%で最多に。夏に料理をする上でのポイントは“簡単で短時間にできること、かつなるべく火を使わないこと”で、調理は時間をかけず手短に済ませたいと思っているママが多いようですね。

 

■Oisix、夏休みの家事に関する調査
調査時期:2018年7月12日~7月13日
調査属性:一都三県(東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県)に住んでいて、幼児(1歳~幼稚園)または、小学生の子こどもがいる20代~40代の女性557人
調査方法:インターネット調査

 

取材・文/原田美咲

あなたにオススメの記事

家事テーマ : 【段取り】その他の記事

段取り
もっと見る