注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

ホットプレートで!ビーフペッパーライスのレシピ「ご飯が美味しいのよ」

家事

2020.04.24

2020.04.29

こちらは、ステーキ専門の飲食チェーンの人気メニュー「ビーフペッパーライス」風のレシピです。

 

本家では熱々の鉄皿でジュージュー焼きながら食べるスタイルが人気ですが、ホットプレートがあれば家族みんなで肉を焼きながら家でお店の雰囲気を味わうことができるんです。

 

作り方は簡単。まず味つけの要となるにんにく、バター、しょうゆを混ぜてホットプレートにのせます。その上にごはん、そして牛肉を周りを囲むように置き、コーンやねぎ、粗びき黒こしょうと一緒に混ぜながら炒めるだけ。

 

牛肉の旨味とガーリックバターしょうゆが染みたごはんに黒こしょうが利いた、ヤミツキになる美味しさです。

 

ホットプレートで!ビーフペッパーライスの作り方

【材料(2人分)】

ごはん……400g
牛切り落とし肉……250g
万能ねぎ……5本
コーン(缶)……大さじ5
あらびき黒こしょう……小さじ1
塩……小さじ1/2
A|おろしにんにく……2片
A|バター……30g
A|しょうゆ……小さじ1

 

作り方

1. 牛肉は大きければひと口大に切り、全体に塩をふる。ねぎは小口切りにする。

2. Aのバターを室温でやわらかくし、残りの材料を混ぜ合わせる。

3. ホットプレートに②を2等分して置き、その上にごはんを広げる。ごはんのまわりに牛肉を囲むようにして置き、ごはんの上にコーン、ねぎを散らす。黒こしょうを全体にふり、高温にする。

4. 全体を混ぜながら炒め、牛肉に火が通ったら火を止める。

 

<<前へ戻る 次へ進む>>

この特集の記事一覧に戻る

 

PROFILE田頭志保(たがしら・しほ)


フードコーディネーター・フォトグラファー。大学卒業後、新聞社にてカメラマンとして勤務。その後、料理と写真のテクニック、それに携わるフードコーディネーターの仕事に惹かれ、専門学校にて学ぶ。テレビや雑誌で現場技術を取得する傍ら、ロンドン〜中東での料理研究、写真活動を経て、現在フォトグラファー、フードコーディネーターとして活躍中。

 

取材・文/田川志乃 撮影/菅井淳子

あなたにオススメの記事

家事テーマ : 【イベントレシピ】その他の記事

イベントレシピ
もっと見る