注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

ホットプレートで!シーフードパエリアのレシピ「カレーフレークなら超手軽」

家事

2020.04.16

2020.04.20

日本でも人気のスペイン料理「パエリア」。でも、家で作るのは難しそうというイメージをお持ちの方は多いかもしれません。

 

そこで今回は、家でも簡単に作れるシーフードパエリアのレシピをご紹介します。ホットプレートを使うのでパエリア鍋は不要で、難しい火加減もいりません!さらに高価なサフランも殻つきムール貝も使いません!なのに、見た目も味も本格的なんです。

 

今回サフランの代わりに使うのは、カレーフレーク。そして魚介はシーフードミックスを使います。これであさりの砂抜きなど下処理にかかる時間も手間も大幅にカットできます。シーフードミックスは、食感のいいイカや旨味エキスたっぷりのあさりが入ったものがおすすめです。

 

今回は出来栄えをよくするために、そして旨味がたっぷり出る生の有頭えびをトッピングしました。

 

お米は水っぽくならず、ふっくら炊き上がるように洗わずに使いましょう。炊くときに蓋をしないのもポイントです。

 

お米に魚介の旨味が浸み込み、ほんのりカレー風味が香る本格パエリアは、作り方は簡単なのに見た目華やかで、家族が集まる休日ごはんにもおすすめです。最後にレモンをきゅっと絞ると爽やかな酸味が加わり、さらに美味しく食べられます。

 

ホットプレートで!シーフードパエリアのレシピ

【材料(2〜3人分)】

米…1合

有頭えび…4尾

シーフードミックス…120g

にんにく…1片

玉ねぎ…1/2個

パプリカ赤、黄…各1/4個

ピーマン…1/2個

ブラックオリーブ…5粒

カットトマト缶…100g

A|水…500ml

 |カレーフレーク…小さじ2

 |塩…小さじ½

オリーブオイル…大さじ1

国産レモン…1/2個

 

【作り方】

1.えびは背わたを取る。にんにくと玉ねぎはみじん切り、パプリカとピーマンは5mm幅の細切りにする。レモンは4等分にし、ブラックオリーブは半分に切る。

2.ホットプレートにオリーブオイルとにんにくを入れて高温にし、香りが立ってきたら玉ねぎを入れて炒める。玉ねぎが半透明になってきたらトマト缶を入れて水分がなくなるまで4〜5分ほど炒める。

3. えび、シーフードミックス、Aを入れて蓋をする。沸いてきたらえびを取り出す。

4. えびを取り出した③に米をサラサラとふり入れ、蓋をせず高温で20〜25分炊く。米が膨らんできて水分がなくなってきたら取り出しておいたえび、パプリカ、ピーマン、ブラックオリーブを並べて入れて蓋をし、チリチリと音がしてきたら火を止め、5分ほど蒸らす。最後にレモンを添える。

 

<<前へ戻る 次へ進む>>

この特集の記事一覧に戻る

 

PROFILE 田頭志保(たがしら・しほ)


フードコーディネーター・フォトグラファー。大学卒業後、新聞社にてカメラマンとして勤務。その後、料理と写真のテクニック、それに携わるフードコーディネーターの仕事に惹かれ、専門学校にて学ぶ。テレビや雑誌で現場技術を取得する傍ら、ロンドン〜中東での料理研究、写真活動を経て、現在フォトグラファー、フードコーディネーターとして活躍中。

取材・文/田川志乃 撮影/菅井淳子

あなたにオススメの記事

家事テーマ : 【イベントレシピ】その他の記事

イベントレシピ
もっと見る