注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

お肌ツルツル!美容に効くおすすめ温泉

ライフスタイル

2019.06.01

106-1

女性はいつでも美しく、健康的でありたいもの。そんな女性たちにとって温泉は常に注目されています。これまで温泉は年配の方が入るといったイメージが強くありましたが、近年の岩盤浴や温泉ブームなどから若い女性のお客様も多くなっているのです。
なかでも人気となっているのは、美人の湯や美肌の湯といわれる肌に効果のよい泉質をもった温泉です。温泉に癒されながら、ツルツルの美肌になれるのならば、こんなに嬉しいことはありませんよね。ぜひ試してみたいという方も多いのではないでしょうか。そこで今回は美肌におススメの温泉を調べてみました。

■肌によい温泉の泉質

肌に良い温泉には泉質に特徴があります。大きくは4つの特徴ですが、これらの泉質の温泉に入ることで肌に良いたくさんの効果が表れるのです。

・炭酸水素塩泉

その効果は、皮膚の表面を柔らかくします。乾燥肌には効果的です。これは女性だけでなく男性でも気になる人は多いのではないでようか。石鹸のような効果もあり、脂肪や古い角質を落としやすくなります。結果としてツルツルの肌になる効果が得られます。

・アルカリ性単純温泉

pH値が8.5以上の温泉です。pH値7.0前後が中性ですから、弱アルカリ性の温泉ということになります。キッチンではお掃除の定番である重曹水が油汚れに効果的なのがpH8.2くらいです。それより少しだけ強いアルカリ性なので、古い角質を落としたりするクレンジング効果があるようです。また、pH値が高くなるほどその効果が強くなります。自然と肌のくすみをとり滑らかにする効果があるようです。

・硫黄泉

血行を良くする効果があり、体内の血液の循環がスムーズになるので、老廃物を輩出しやすくなるデトックス効果も。また、メラニンを分解する効果もあるといわれているので、シミの予防にもつながるようです。目に見えないシミの予備軍や、紫外線をカットする効果も期待できると言われています。

・硫酸塩泉

肌を蘇生させる効果があるといわれています。肌の細胞に潤いを与える効果があるので、弾力のある肌が蘇えり、お肌にハリを与えます。たるんだ肌が引き締まるのでアンチエイジングの効果もあるそうです。

■コスメ感覚で温泉を楽しもう

温泉に行くならゆっくり疲れをとったり、非日常を味わいたいという方が多いと思いますが、それに加えて肌に効果のある温泉で美肌になれるであれば女性にとっては一挙両得ですね。

泉質にもよりますが、美肌、デトックス、ダイエット、アンチエイジングといったさまざまな女性にとって嬉しい効果が期待できるのです。もちろん、温泉でのんびり過ごすことで心も解放でき、ストレスの解消にもつながります。
これらの温泉の効果を考えれば、まるで魔法のコスメと言っても良いかもしれません。泉質の効果によって違いがありますが、アルカリ性単純温泉はクレンジング、保湿効果のある硫酸塩泉は化粧水といったように泉質ごとに違う効果を楽しむことができます。
自分がなりたい美肌に効果がある泉質を調べて、各地にある温泉を巡ってみるのも面白そうですね。

106-2

 

■温泉は泉質で選ぼう

癒しを求めるのであれば、周辺の環境や温泉からの景観がよい温泉など特別な空間を味わえる温泉も良いですが、さらにお肌のことを考えて泉質を重視しつつ温泉選びをするのも、いつもと違った温泉を楽しむことができるかもしれません。

炭酸水素塩泉で代表的な温泉としては、和歌山県の龍神温泉、岩手県の国見温泉、佐賀県の嬉野温泉あたりです。基本的には無色透明で無味無臭の温泉ですが、その他に含まれる成分で多少の違いはあるようです。基本は炭酸水素塩泉ですが、それ以外の成分によってその他の効果も得られます。

アルカリ性単純温泉は国内の40パーセントの温泉が該当するというデータもあります。有名どころでは、岐阜県の下呂温泉、愛媛県の道後温泉、大分県の由布院温泉あたりでしょうか。全国各地に多くある泉質なので、お住いの地域の近くにもあるかもしれません。また、癖もなく、肌への刺激が少ないことが特徴なので、お肌が弱い方にもおすすめです。

硫黄泉は硫化水素イオン・チオ硫酸イオン・遊離硫化水素を含んだ温泉で、遊離硫化水素の含有量によって2種類に分かれます。遊離硫化水素の含有量が少ないものは硫黄型、多いものが硫化水素型となります。
匂いが特徴的で、いわゆる卵が腐ったような香りがあります。硫黄に含まれる硫化水素が原因ですが、中には無臭の場合もあるようです。
一般的に硫黄型はエメラルドグリーン、硫化水素型は白いにごり湯となることが多いようです。成分の違いが色に表れています。

代表的な温泉は群馬県の万座温泉、新潟県の月岡温泉、福島県の高湯温泉、秋田県の後生掛温泉といったあたりです。

硫酸塩泉にも種類があり、カルシウム硫酸塩泉、ナトリウム硫酸塩泉、マグネシウム硫酸塩泉に分類することができ、それぞれに特徴が異なります。
基本的には無臭ですが、カルシウム硫酸塩泉は少し焦げたような匂いがすることがあるようです。色は透明なのですが、時間とともに緑褐色に濁ってくるようです。

代表的な温泉は群馬県の伊香保温泉、新潟県の赤倉温泉、群馬県の四万温泉といったあたりです。

■禁忌症に注意しよう

温泉には様々な成分が含まれています。ですから、持病を悪化させる恐れもあるのです。適応症に関しては美容のための温泉であればそれほど気にする必要はないのですが、禁忌症はしっかりと確認し、妊娠中や心臓病などの持病をお持ちの方など、対象となる方は入浴を控えたほうがよいでしょう。

■まとめ

美肌効果が期待できる温泉の情報についてまとめてみましたが、いかがでしたでしょうか。
同じような泉質の温泉でも成分が異なるので、禁忌症など事前に確認して、万が一のことも考えてより安全に温泉を楽しみましょう。

あなたにオススメの記事

ライフスタイルテーマ : 【旅行・レジャー】その他の記事

旅行・レジャー
もっと見る