2019.03.24

事前に予定が決まっているなら旅行積立を活用

146-1

旅行の資金を貯めるのに便利な「旅行積立」。旅行に行く時期や予算などが決まっている方には特にお得な積立ですが、よく知らないという方も多いのではないでしょうか。賢く使っていきたい旅行積立についてご紹介します!

■旅行積立って何?

「旅行積立」は、銀行の定期預金に似ています。満期に受け取る金額、そして積み立てをする期間を決めて、旅行会社に積み立てるというものです。

銀行の定期預金では満期になると利息分が上乗せされますが、その点も銀行の定期預金と同様。旅行積立でも満期時には定期預金でいう利息分としてサービス額がプラスされます。

つまり、旅行積立を利用すれば自分で旅行資金を貯金するよりもさらにお得に、そして計画的に貯めることができるというわけです。

自分で貯金していてもサービス額などはありませんが、旅行積立をしていればその分でさらにリッチな旅行ができてしまうんです。確かな旅行の予定があるという人にとっては、とても便利なサービスですね。

もちろん、旅行積立を利用するにはケースによって向き不向きがありますし、メリットだけでなくデメリットも当然あります。まずは旅行積立のメリットやデメリット、特徴などを知り、自分に向いているかどうかを確かめてから利用を検討してみてください。

■旅行積立をするメリット

通常の貯金で旅行資金を貯めるのではなく、旅行積立を選ぶことのメリットについてご紹介します。

まずひとつめは、銀行と比べてとても高い利率です。旅行積立の満期時にもらえるサービス額から計算して年利に当てはめると、1.5%から3%というかなりお得な利率であることがわかります。

今はどこの銀行も低金利で、比較的有利と言われているネット銀行でも預金金利が0.1%前後であることを考えると、旅行積立はとてもお得ですよね。銀行の預金の利息と違い、税金がかからないのもうれしいポイントです。

この高い利率もあり、一括で積立額を預けるとかなりのサービス額がプラスされることになります。もちろん毎月こつこつ積み立てるのも良いのですが、一括払いして満期に受け取る方法にすればより多くのサービス額が上乗せされるので、もし余裕があればこちらの方法がおすすめです。

旅行会社やプラン、預ける金額によっては、15,000円ほどもお得になるので要チェックです。

その他のメリットとしては、着実に旅行資金を貯められるのがうれしいところです。

ただ貯金しているとどうしても我慢できずに使ってしまうことも多いですが、毎月決まった額を旅行会社に支払うとなると滞らせるわけにはいかない! と半ば強制的にしっかり積み立てられるというわけです。

国内航空券やJR券として使えるタイプのプランを選べば、旅行の計画がある場合だけではなく、お正月やお盆など家族みんなで帰省する際の資金としても使えてますます便利です。