2018.10.27

新幹線を少しでも安く乗るには!?東海道・山陽新幹線編

東京と博多を結ぶ日本の鉄路の大動脈、東海道・山陽新幹線。多くのビジネスパーソンに愛用されていますが、LCC(格安航空会社)よりも高い、という側面もあります。少しでも安く東海道・山陽新幹線を利用する方法はないのでしょうか。

 

そもそも、東海道・山陽新幹線の料金は?

train01

まず東海道・山陽新幹線のコストを確認しておきましょう。通常期における運賃は以下のとおりです。なお座席はすべて自由席です。

 

【東京〜】

東京~名古屋:1万360円 東京~新大阪:1万3620円 東京~広島:1万8040円 東京~博多:2万1810円

【新大阪〜】

新大阪~広島:9710円 新大阪~博多:1万4480円

 

 

いかがでしょうか。飛行機の場合、東京羽田~大阪伊丹便は早目に購入すると、新幹線よりも値段が安くなります。このように見ていくと、新幹線は決して安い乗り物ではありません。新幹線の唯一の欠点は運賃と言えそうですが、少しでも安く乗れるワザが存在します。

 

>>NEXT 最もお得感がある「ぷらっとこだま」

新田浩之

国鉄が民営化された1987年生まれのフリーランス。昔から鉄道好きで、青春18切符を使った鉄道旅行も経験。CHANTO WEBでは主に旅行や鉄道に関する原稿を執筆中。