2018.06.21

ガラスの砂浜・和製ウユニ塩湖…SNSで話題の日本の絶景

20180620sunahama01

SNSが普及した現在、“映える”写真を撮れる場所が観光地になることもしばしば。フォトスポットは全国にありますが、長崎ではインスタ映えする海岸が人気を集めています。今回は“いいね!”がたくさんもらえるような絶景フォトスポットをご紹介しましょう。

 

SNS映えする海岸に注目集まる!


今年5月、日本テレビが運営するネットニュース番組「the SOCIAL」がSNSで話題の海岸を特集。インスタ映えするスポットに「めっちゃ行ってみたい!」「神秘的だし雰囲気が素敵」といった声が上がっています。

 

インスタ映えする海岸とは、長崎空港の近くにある大村市森園公園の先にある海岸。この海岸は砂の代わりにガラスのかけらが敷き詰められており、夕方には輝く海と夕日を浴びて反射したキレイな海岸を眺めることができます。ガラスということで危ないかと思うかもしれませんが、角がすべて削り落とされているので安全。握ってもケガをする心配がないそうです。

 

 

このガラスの海岸のニュースがネットで拡散されると、実際に足を運んだ人も多い様子。SNSなどには、「一人で大村の森園公園へ! キラキラな砂浜がキレイすぎた」「宝石の浜って感じで、とっても神秘的ですよ!」「ガラスでできた砂浜、丸角で痛くない! とってもキレイ~」「正直あんまり期待して無かったのですが… 思いのほかキラキラで圧倒されました」といった声が。

 

ガラスの海岸ができた理由は、インスタ映えを狙った訳ではなく海をきれいにするため。ガラスの砂をまく前はアオサが増えて悪臭が漂っていたそうですが、ガラスの砂に変えたことでアサリの幼生が住み着いて海中を浄化。前は誰も寄りつかなかった海岸でしたが、今では人気のスポットに生まれ変わりました。

 

内田裕子

2人の娘と日々奮闘中。東京出身のフリーライター。
子育てや家事をいかに楽しく効率的に行うかを日々考えている。自分が料理教室に通うか、子どもにピアノを習わせるかで悩み中。家事の中では洗濯が好きで、保育園から大量に持ち帰られる洗い物に密かに闘志を燃やしている。