2017.02.28

パパも楽しめる子連れ旅「鈴鹿サーキットホテル」

【この記事は、CHANTOママライターによるウェブ限定記事です】

 

ライター名:大友優華

 

三重県鈴鹿市にある鈴鹿サーキット。

 

F1レース場が併設されたテーマパークとあって、男の子が喜ぶアトラクションがたくさんあります。

 

テーマパークは、身長や年齢制限のあるアトラクションも多いので、参考までに我が家の息子たちのプロフィールをお伝えしておきます。

 

・長男:小学校2年生、身長126cm

・次男:年少4歳、身長98cm

 

ではここから、元旦1月1日から1泊2日した鈴鹿サーキットホテルの様子をご紹介します。

20170228-1

まず、ママが気になるのはホテル選びですよね。

今回は、手ぶらで泊まれる鈴鹿サーキットホテルを利用しました。

http://www.suzukacircuit.jp/hotel/

 

温泉浴場、温水プール、ボウリング場まであって、雨でテーマパークがNGだったとしても丸一日ホテルで飽きずに過ごすことができます。

20170228-2

20170228-3

パジャマ、タオル、シャンプー、リンス、メイククレンジング、ボディソープ、ドライヤー、ヘアコームなど、すべて無料で使えます。

特にドライヤーが優秀で、ダイソンの最新式ドライヤーだったので、髪がすぐ乾きました。

お風呂あがりは、小さい子のお世話で大忙しでしょうから、早く乾くというのがすごくうれしかったです。

ここまで揃えてもらったら、手ぶら感覚ですよね。

持って行った荷物と言えば、着がえ、下着、靴下、スイムウエアだけでした。

 

そして、食事。

3つあるレストランの中から選べるのですが、一番リーズナブルなバイキング形式のレストラン『そらたべよ』にしました。

http://www.suzukacircuit.jp/foods_s/soratabeyo/index.html

 

お造りやステーキといった豪華なものもありますし、赤ちゃんが食べやすいお粥やパンもあります。

もちろん、デザートもバラエティ豊富で、何度も何度もおかわりしていました。

20170228-4

この日はお正月だったので、大人にはお酒の振る舞いもあり、枡を記念に持ち帰ることができました。

 

鈴鹿サーキットは、自動車やバイクが好きなお子さんなら、男の子でも女の子でもきっと楽しんでくれると思います。

ポイントは、パパが楽しめるかどうか。

かわいいだけのテーマパークでは、パパが退屈になって、ただ疲れるだけです。

でも、F1レースやホンダの社史などに興味のあるパパなら、子供と同じように楽しむことができるはずです。

パパと子供たちが夢中になっている間、ママはリラックスして過ごせますよね。

ぜひ、出かけてみてくださいね!

 

ちゃんと 編集部

働くママ向けのメディア『CHANTO』の編集部。月刊誌『CHANTO』で掲載された記事や編集部が独自に取材した記事をご紹介します。