注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

マイナスイオンに癒やされる水の名所4選

ライフスタイル

2019.07.05

141-1

日本各地には、湧き水や滝がたくさんあります。そうした場所には、マイナスイオンが多く発生していて、その場にいるだけで癒やされたり、疲れが吹き飛んだりするという人もいます。
そのため、パワースポットに称されて、多くの人がパワーを求めて訪れています。今回は、ぜひ訪れてみたい、湧き水や滝のパワースポットをご紹介しましょう。

■熊本県の池山水源

熊本県は、活火山である阿蘇山があり、「火の国」として有名です。その阿蘇山のある阿蘇は自然も豊富で、その中に水の名所である「池山水源」があります。
池山水源は毎分30トンという豊富な水量を誇り、水質も良質なため阿蘇の名水としても有名になっています。実際に、環境省の名水百選にも選ばれているのです。

もともと飲み水や農業用水に使用されていたのですが、現在では地域住民によって清掃活動なども行われているため、上質な水質が保たれていて、そのまま飲用することもできるほどなのです。
水くみ場なども作られたため、県内だけでなく県外からも多くの観光客が訪れ、阿蘇の名水をくんで持ち帰っているようです。

最寄り駅はJR豊肥本線の宮地駅になります。駅から車で30分ほど北に向かったところに採水地があるので、車がないと厳しそうです。もちろん、駅からタクシーが利用できるので、電車で来てもよいでしょう。
大自然の中にあり、森の中に水が湧いているといった感じの池山水源は四季折々の景色も楽しむことができます。小さな滝もあり、水温は1年を通じて13度~14度と冷たく、夏に訪れるとひんやりとしたおいしい水を楽しむことができそうです。

■北海道の京極のふきだし湧き水

名水で押さえておきたいのが、北海道の京極の水です。これはペットボトルでも販売されている有名な水です。もちろん、環境省の名水百選にも選ばれています。
蝦夷富士と呼ばれる羊蹄山の雨水や雪解け水が自然の中でろ過されて、さらにミネラル分が加えられて湧き出る水は日本でも最大級となっており、1日で8万トンもの湧き水があります

ふきだし公園という名の公園として整備されていますし、近くには駐車場もあるのでアクセスはよくなっています。吹き出し公園の奥には滝があるのですが、1本の大きな滝というわけではなく、何個にも分かれて左右に広がっています。
ペットボトルで販売されるほどの水ですから味はもちろんですが、それ以上に周辺の景観が素晴らしいのです。

141-2

■静岡県の湧玉池

静岡県と言えば、真っ先に思い出すのは、世界遺産でもある、日本一の山、富士山ですよね。その富士山と一緒に世界遺産となっている富士山本宮浅間大社の境内に湧玉池はあります。
富士山のふもとにある湧玉池には富士山の雪解け水が溜まっています。流れる途中に溶岩を通っているというのも一つのポイントとなります。
富士山本宮浅間大社は世界遺産となっていますが、湧玉池もまた、特別天然記念物に指定されている名所なのです。池の水は澄んでいて、泳いでいる魚も目視できます。

湧き出る量は1日に20万トンとなっています。水くみ場があり、ペットボトル等で持ち帰ることは可能ですが、直接飲むことは禁止されていて、一度沸騰させる必要があるようです。湧き水とは言え、池の水ですからこれは仕方がなさそうです。
強力なパワースポットとしても知られており、富士山本宮浅間大社のご利益と併せて、癒やし効果をいただきましょう。
春には満開の桜とのコラボレーションもありますし、5月には流鏑馬(やぶさめ)祭りも行われています。イベントのタイミングに合わせれば、より一層楽しむことができそうです。

■栃木県の華厳の滝

水の名所と言えば、日本三大滝のひとつ華厳の滝も人気のスポットです。華厳の滝は修学旅行で行ったという人も少なくないようですが、子どものころに見た華厳の滝と、大人になってからのものでは違うという人もいるようです。
その圧倒的な迫力は、観る者を魅了します。写真で見たことがあるという人も一度は本物を見ておくことをおすすめします。周囲はマイナスイオンでいっぱいでしょうから、日々のストレス解消には持ってこいのスポットと言えそうです。

また、日光と言えば「いろは坂」も有名です。華厳の滝に行くには「いろは坂」を通っていくのですが、明治初期までは女人牛馬禁制となっていたそうです。
道中のカーブが48カ所あったことから、昭和になって「いろは坂」と呼ばれるようになっています。その後、道路の改修等でカーブの数が増減しているのですが、現在はもとの48カ所に戻っているようです。
急カーブが多いので車の運転は注意が必要です。また、車酔いのする人がいれば、酔い止めも用意しておくとよいでしょう。

すぐそばに、日光東照宮があります。世界遺産に登録された日光東照宮もパワースポットですので、しっかりと観光しておきましょう。日光には観光の名所も多いので、1日かけてのんびりと回ってみるのがよさそうです。

■まとめ

水に関する名所をいくつか紹介しましたが、環境省の指定する名水は百選ですから、日本各地のいろいろなところに名水スポットがあるようです。
全国的に有名なスポットに訪れるのも楽しいのですが、自宅近くにある名水スポットを探してみるのも楽しいのではないでしょうか。隠れた名水はまだまだありそうです。

あなたにオススメの記事

ライフスタイルテーマ : 【旅行・レジャー】その他の記事

旅行・レジャー
もっと見る