注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

ボーナスで買う?買わない?4K8K放送内蔵テレビの買い時を検証!

ライフスタイル

2019.08.22

ボーナス時期には、家電の買い替えを検討する方も多いことと思います。今注目されているのが、すばりテレビ! 「4K」や「8K」など、新しいキーワードの登場と共に、「そろそろ買い時なのかしら?」なんて、悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

とはいえ、実際のところは、よくわからないことも多い4K・8Kの世界。具体的にどういった内容で、2019年の今は買い時なのでしょうか。わかりやすく解説するので、ショッピングの参考にしてみてください。

 


■なぜ今テレビが注目を集めているのか?

家電量販店を訪れると、売り場には数多くのテレビが並んでいます。大型化やスリム化と共に、大々的にアピールされているのが「4K対応」「8K対応」といったキーワードです。

2018年12月1日から、新4K8K衛星放送がスタートしています。これにより現在のデジタル放送よりも、より繊細で緻密な映像を楽しめるようになっています。

この4K8Kの規格で映像を楽しむためには、相応のシステムを搭載したテレビやチューナーを用意する必要があります。

アナログ放送からデジタル放送へと切り替わったときのように、4K・8K放送がスタートしたからといって、現在のデジタル放送が見られなくなるわけではありません。その点では、買い替えを焦る必要はないでしょう。

とはいえ今後の放送規格は、4K・8K放送がスタンダードになっていくと予想されています。

デジタル放送が全都道府県で本格的にスタートしたのは、2006年12月1日のことでした。このタイミングでテレビを買い替えた方にとっては、そろそろ買い替え時を迎えていると言えるでしょう。また2020年には、東京オリンピックが開幕します。「来年だと品薄になりそうだから、今年のうちに買い替えかな……!?」と考える方も増えてきています。

2019年の秋には、増税のタイミングが控えていることも考えると、やはり積極的に購入を検討したい時期だと言えるのかもしれませんね。


■4K・8Kの本当のところ

テレビの買い替えタイミングとしては、いろいろな条件が揃ってはいますが、ここで気になるのが「4K・8Kって、具体的にどんなものなの?」という点です。購入後に後悔しないためにも、きちんとした特徴を頭に入れておきましょう。

現在のテレビで一般的に使われているのが「2K」です。2Kという言葉に聞き覚えがなくても、フルハイビジョンという言葉を聞いたことがある方は多いことでしょう。両者は同じものを指しています。

2Kが約200万画素であったのに対して、4Kは約800万画素でクリアな映像を映し出します。近年はテレビの大型化が進み、大画面で映像を楽しむ方も増えてきています。従来の2Kでは、画面が大きくなるにつれて粗さが目立っていたのが、4Kになることで、より美しく鮮明な画像を楽しめるようになります。

8Kの場合は約3300万画素と、非常に大きな画素数となっています。色彩や明暗など、これまでの映像では表現することが難しかった点も、より美しく映し出してくれるでしょう。

 

■ズバリ、買い時なの?

では最後に、「4Kテレビ」や「8Kテレビ」は、今が買い時なのかという点について考察していきましょう。買い時かどうかは、人によって判断が異なるポイントではありますが、以下のような条件に当てはまる方であれば、積極的に購入を検討してみても良いでしょう。

・現在のテレビが不調である
・大型サイズのテレビを購入予定である
・普段から衛星放送を楽しんでいる
・4Kや8Kといった放送規格に興味があり、より美しい映像を楽しみたい

現在のテレビが不調で、早急な買い替えを検討している場合には、これから先のことを考えて長く使えるテレビを選択するのがオススメです。4K放送が今後のスタンダードになっていくことを考えると、対応テレビを購入しておいた方が、安全だと言えるでしょう。

また4K放送による映像の差を実感しやすいのは、大画面のテレビの方です。リビングの大型テレビを購入する場合には、4K対応テレビの方が美しい映像を楽しみやすくなります。

とはいえ2019年6月現在、新4K8K衛星放送に対応しているチャンネルは、ごく限られているという特徴があります。4K放送で好みの番組を楽しみたい!と思ったときには、別途有料チャンネルの契約が必要になるケースも少なくありません。

普段から美しい映像に興味があり、有料放送も楽しんでいる!という方にとっては、今4K対応テレビを導入するメリットは大きいと考えられます。種類が豊富になっている今、買い時と言えそうですね。

一方で、購入予定のテレビが個室用の小型のものである場合や、特に今、「4K・8K放送を積極的に楽しみたい!」という強い気持ちがないのであれば、とりあえず見送りしても問題はありません。4K放送で楽しめる内容はまだまだ限られており、小型サイズのテレビであれば、2Kと4Kの差を確認するのは非常に難しいです。

それよりも、時代がさらに進んで、4K・8K放送が当たり前になったときに、その時代に合った製品を購入した方が良いというわけですね。


■まとめ

ボーナスで4K・8Kテレビを購入しよう!と思ったときには、ぜひその特徴や優先順位について、じっくり検討してみてくださいね。自分たちにとっての買い時がいつなのか、冷静に判断するのがオススメですよ。

あなたにオススメの記事

ライフスタイルテーマ : 【ショッピング】その他の記事

ショッピング
もっと見る