2019.07.21

現地のレートで支払って… お土産の依頼が招く小さな金銭トラブル

20190409ryoko01友人が旅行の予定を話していると、ついつい頼みたくなるのが“お土産”。しかし「荷物になるかも」「お土産を買うのは面倒だろうな」と心配して、お土産を指定していいか迷いますよね。ネット上ではお土産に関する様々な意見が噴出していました。

 

「かさ張らないお土産」なら頼んでOK?


お土産を頼む際は指定してもいいものなのでしょうか? 海外旅行の場合では「写真やポストカードなど、かさ張らないものならOK」「お土産として作られているものならいい気がする」「日持ちする小さなお菓子とかは頼みやすい!」などの声が。主に「荷物の邪魔にならない」という面を重視する人が多くいました。

 

また旅行の目的にもよるそうで、「新婚旅行に行く友人に頼むのはマナー違反!」「卒業旅行をする人に、わざわざお土産を指定するのは違和感があるよね」といった意見が相次いでいます。

 

先にお金を渡すかどうかでも意見が割れていました。後払いに対しては「お土産と引き換えにお金を払うと距離を感じる…」「後から払うと“パシリ”みたいで嫌」と難色を示す人も少なくありません。1番多く見られたのは「先に払うべき」との意見で、中には「『おつり』や『お駄賃』という名目で、多く支払うようにしています」という声も。

 

>>NEXT お土産を買ってくる人はどう思ってる?

内田裕子

2人の娘と日々奮闘中。東京出身のフリーライター。
子育てや家事をいかに楽しく効率的に行うかを日々考えている。自分が料理教室に通うか、子どもにピアノを習わせるかで悩み中。家事の中では洗濯が好きで、保育園から大量に持ち帰られる洗い物に密かに闘志を燃やしている。