2018.11.16

セルフレジが怖い…操作に苦戦する世代からの悲痛な叫び

20181108_shopping_01近頃スーパーやコンビニでは、店員さんを介さずに自分で会計をする「セルフレジ」が増えてきました。しかし行きつけのお店に突然セルフレジが導入され、使い方が分からず困惑する人も多いようで…。

 

セルフレジに苦戦する人続出!


対面式のレジとは違い、商品のスキャンから会計までを全て買い物客自身で行う「セルフレジ」。深刻化する企業の人手不足を解消するため、スーパーやコンビニをはじめレンタルショップやアパレル店などでも導入されています。

 

初めて体験するセルフレジには失敗談がつきもので、世間には「同じ商品のバーコードを2回読み取らせてしまい、キャンセルの仕方も分からない。結局店員さんに全部やってもらった」「お札と小銭のおつりが別々のところから出てきてお札を取り忘れたことがある」「タッチパネルの操作が分からずに何回もエラーを起こしてしまう。現金で支払うつもりがなぜかクレジットカード払いになってるし…」など悲痛な叫びが溢れていました。

 

また操作に手間取ってしまい、並んでいる人からのプレッシャーに焦る人も。やはり始めに手痛い失敗を経験すると、セルフレジに苦手意識を持ってしまうこともあるようですね。

 

長谷部ひとみ

夫の両親と息子と娘、キュートすぎる柴犬との6人+1匹暮らし。バスガイドから心機一転、ライターとして活動中。岩手県の実家に帰ると、その後1週間ほどは訛りが抜けないのが悩み。数学が大の苦手で息子に教わっている。