2018.11.12

その名も“おせっカギ作戦”!香川県警が行う自転車の盗難防止策が話題

20181106_bicycle_01治安の良い日本ですが、なぜか“傘”と“自転車”はよく盗まれます。相次ぐ盗難事件に対して、警察も色々な施策を展開中。中でも香川県警はとてもユニークな作戦を取っているよう。そのキーワードは「おせっかい」です。

 

香川県警の行う「おせっカギ作戦」とは?


香川県警によると、今年の8月末までに把握した自転車盗難の件数は719件。盗まれた自転車のうち75%は鍵がかかっていませんでした。県警は右肩上がりの盗難数に歯止めをかけるため、ある作戦を決行。名前は「おせっカギ作戦」で、“おせっかいに無施錠の自転車に鍵をかける”という内容です。具体的な手法を見てみましょう。

 

・警察官が不定期に高松市中心部の駐輪場8カ所をパトロール
・無施錠の自転車を発見したら、防犯登録シールをもとに持ち主に電話
・本人の了解を得たらダイヤル式のワイヤロックをかけ、番号を持ち主に伝える
・鍵はそのまま持ち主にプレゼント

 

一見すごく手間のかかる方法ですが、自転車保有率の高い香川県としては何とか盗難被害を減らしたいそう。この作戦に対してネット上では「若干やり過ぎな気はするけど、鍵をかけられたら面倒なので自分でかけることにする」「チャリパク防止にはこれくらいの大胆さが必要かも」と肯定派の意見も多く見られました。

 

長谷部ひとみ

夫の両親と息子と娘、キュートすぎる柴犬との6人+1匹暮らし。バスガイドから心機一転、ライターとして活動中。岩手県の実家に帰ると、その後1週間ほどは訛りが抜けないのが悩み。数学が大の苦手で息子に教わっている。