注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

お得なきっぷは要チェック!交通費を浮かす方法

ライフスタイル

2019.05.02

105-1

旅行に行くとき、少しでも交通費を安くすることはできないかが悩みの種になってはいないでしょうか。

乗り換えをすることを考えると、交通費も掛かってきます。旅行先ではおいしいものを食べたり、お土産を買ったりと、何かと出費が多くなりますので、できるだけ交通費は抑えておきたいですよね。

そこで今回は、旅行で交通費を浮かせる方法について紹介していきます。

■チケットショップを活用する

駅の周辺でよく見かけるチケットショップ。こちらのショップには、商品券や映画のチケット、ライブチケットだけでなく、電車や新幹線の切符も販売されています。

定価より一割程度安くなっていることが多いので、ぜひとも活用してみてはいかがでしょうか。片道切符だけでなく、往復切符も販売されていますので、さらにお得に利用することができます。

■回数券を購入する

公共交通機関では回数券が販売されていることが多いため、複数名で旅行に行く際は回数券を買い求めると、交通費を節約することができます。

一般的に販売されている回数券は11枚綴りになっており、10回分の乗車料金で購入することができます。回数券を購入すると交通費を1割節約することが可能です。

有効期限は3カ月間で、その期間に6往復以上するなら、回数券を購入して利用するほうがお得です。

■1日乗車券を購入する

鉄道会社やバス会社が発行している1日乗車券は、指定された路線内なら一日中乗り放題となりますので、旅行先でいろいろ観光スポットを巡るときにおススメです。

地域によって料金は異なりますが、バスだと1日500円程度から、電車も500円から最大でも2,000円以内で利用できるものが多いため、移動をすべて公共交通機関を利用する場合は活用したほうがお得です。

電車とバスの両方を組み合わせた1日乗車券なども販売されているので、旅行の際は1日乗車券を活用したほうが良いでしょう。

■セットパックを購入する

テーマパークなどの観光施設に行く場合、電車やバス、観光施設のフリーパス券、プラス宿泊までセットになっているパックも販売しています。

特に大型テーマパークはセットになっているツアーも多く販売されており、交通費とホテル代程度の金額で設定されており、かなり旅行代を節約するとこが可能です。

電車やバスとそれぞれのセットパックが用意されており、高速バスのセットとなると、さらに価格も割安になります。

日帰りプランやバスの中で一泊できるプラン、片道のみのセットプランなど、さまざまなタイプのプランが用意されていますので、お財布と相談しながらプランを決めることができます。

テーマパーク以外にも、観光地とセットになっている乗車券なども販売されており、観光地でさまざまな優待や割引を受けることができます。

セットパックだと、指定された市内の観光施設が入場無料になったり、主要な観光地が全て割引になるサービスなどもあります。

105-2

■インターネットから予約する

鉄道会社によっては、会員制サービスも実施しています。会員になれば携帯電話やパソコンから簡単に予約ができるだけでなく、駅の券売機でチケットを受け取ると料金割引されるサービスも受けられます。

切符を購入するとポイントが貯まるサービスを実施している会社もあり、貯めたポイントはSuicaとの交換ができたり、シートのグレードアップに利用することができるようです。

また、インターネットで3日以上前に予約すると、料金が割引になる早得などのサービスも行っています。

■青春18きっぷを利用する

長期休暇の時期になると、JRから青春18きっぷが期間限定で販売されます。春と夏、冬の年3回しか発売されませんが、全国の普通列車と快速列車が乗り放題になるので、旅行に行くときに活用すれば大幅に交通費を節約できます。

青春18きっぷとついていますが年齢制限はないため、誰でも購入することができます。5日分で販売されているため、一人で5日間かけて使うのも良いですし、5人で旅行に行く際に一度に使い切ることもできます。

販売価格は11,850円となっているので、片道の乗車料金が5,925円以上必要な地域に旅行に行くなら、確実に青春18きっぷがお得といえます。

■とくとくきっぷを利用する

JRで特別企画乗車券として販売されているのが、とくとくきっぷです。地域によって利用できる条件が異なりますが、路線や区間、利用期間などの特別な条件が定められており、乗車券や回数券、急行券など、さまざまなサービスが格安で利用できます。

観光施設やホテルなどを割引価格で利用できるサービスもあるため、目的地までに利用できるとくとくきっぷを探して、どんなサービスがついているか確認してみましょう。

■まとめ

交通費を安く抑える方法について紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。各地域の交通機関でさまざまな割引サービスを実施していますので、一つの会社だけでなくいろいろ組み合わせてみると、さらに交通費の節約に役立ちます。天候が良いなら徒歩や自転車などを積極的に利用すると、最低限の交通費に抑えることができるでしょう。

あなたにオススメの記事

ライフスタイルテーマ : 【鉄道】その他の記事

鉄道
もっと見る