注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

周辺環境は重要なポイント!都心に住むか郊外に住むか

ライフスタイル

2019.07.07

01

マイホームを購入する際に、重要になってくるのが立地ですよね。
立地を選択する際には色々な条件があると思いますが、最終的には都心にするのか郊外にするのかで悩む人も多いのではないでしょうか。
それぞれには当然メリット・デメリットが存在し、どちらが正解かというのは言い切れませんので、最終的にはご自身の判断によって決定するしかありません。
ここでは都心と郊外のメリット・デメリットをご紹介いたしますので、ぜひマイホームをご購入する際の参考にしていただければと思います。

■都心に住む際のメリットとは?

・通勤通学に便利

マイホームを購入する際に重要なのは、通勤にどれくらい時間がかかるかという事ではないでしょうか。
通勤時間が短縮されればされるほど、自由な時間が増えてプライベートも充実できますよね。
片道30分違うだけで往復だと1時間変わってきますので、その1時間を有効に活用する事が出来てしまいます。
都心の場合、場所によっては複数路線の駅が密集しているため、万が一人身事故などによる遅延が発生したとしても、他路線へ変更する事も可能なのでそこまで大きな被害を被ることも少なくなるでしょう。

・日々の生活が便利になる

都心に行けば行くほど人口も増えていきますので、それに伴ってお店や施設なども充実します。
郊外に住んでいる場合、ちょっとした買い物に出かけるのにも車が必須なんていう事もありますが、都心に住んでいれば日々の生活に必要な物くらいなら、徒歩や自転車で済んでしまうのではないでしょうか。

・公共交通機関の充実

ちょっとどこかにお出かけしようとする場合、都心に住んでいると公共交通機関が充実しているためとても便利ですよね。
路線バスや電車をはじめ、モノレールや地下鉄など、一つのエリアにバス停や駅が点在しています。
またタクシーも郊外に比べると捕まえやすいため、急いでいるときなども安心できます。
そのような場所に住んでいれば、わざわざ高い維持費を払ってマイカーを持つ必要も無くなってくるのではないでしょうか。
マイカーの維持費としてかかるお金を、貯蓄や贅沢に使うのも良いかもしれませんね。

■都心に住むデメリットとは?

・地価が高い

都心は郊外に比べ地価が高いので、マイホームを購入する際にはそれなりの金額を覚悟しなければなりません。
郊外と比べると、場所によっては同じくらいの敷地面積でも金額が倍くらい違う事もあります。
住宅ローンを組む際には、毎月余裕を持って返済できるかどうかをしっかりと考える必要があるのではないでしょうか。

・物価が高い

地価が高くなるにつれ、当然ながら物価も高くなってきます。
喫茶店でコーヒーを1杯飲むだけで1000円近く取られたりもしますので、ある程度お金に余裕が無いと生活をしていくのも大変になっちゃいますよね。

・治安が悪い

都心になれば色々な人達が集まってきますので、それに伴い治安が悪くなってしまうのはどうしても否めません。
特に外国人が多いエリアなどでは、空き巣やスリなどにも十分注意して行動する事を心がけなければならなくなります。

02

 

■郊外に住むメリットとは?

・地価が安い

都心に比べると地価が安いため、当然購入資金も安く済みます。
住宅ローンも比較的余裕を持って組みやすいので、普段は貯蓄しておきある程度まとまったら繰り上げ返済に充てるという事も出来ますよね。

・物価が安い

地価が安いため、それに伴い物価も安くなります。
比較的気軽に外食に出かける事も出来ますよね。

・騒音や大気汚染も少ない

大きな幹線道路が近くに無いような閑静な住宅街では、車の騒音問題や排気ガス問題もあまりありません。
幹線道路が近くにある場所に住んでいる人の中には、夜うるさくて眠れないという人や排気ガスに悩まされているという人もいます。
そのような人に比べると、そういったストレスは少なく済みますよね。

・大きなショッピングセンターが建ちやすい

郊外に住むメリットとして、大きなショッピングセンターが近くにあるという事が挙げられるのではないでしょうか。
売り場面積も広く様々なショップが入っているため、一日中いても飽きることなく休みの日を潰す事が出来ます。

■郊外に住むデメリットとは?

・通勤通学に不便

郊外に住むと駅やバス停から遠かったり、電車やバスの本数が少なかったりするので、通勤通学は不便に感じるかもしれません。
また都心に向かう電車は通勤ラッシュ時には満員電車という事が多く、毎朝長時間満員電車に揺られなくてはなりません。

・車が必須

近くにお店や施設があまり無く、電車やバスなど公共交通機関の選択肢が少ない郊外に住む人たちにとって、車は必須と言えるかもしれません。
日々の買い物に行くだけでも車で行かなくてはならず、その分ガソリン代がかかってしまいますよね。
ガソリン代の節約のため、1週間分の食料をまとめ買いしておくなんていう人も中にはいます。

■まとめ

どの時代においても、マイホームを購入する際の永遠のテーマとして「都心に住むか?郊外に住むか?」というのは必ず挙げられます。
マイホームの購入はほとんどの方が一生の買い物として考えるものなので、どのような立地を選ぶかによって一生の生活スタイルが決まってしまうと言っても過言ではありませんよね。
今の状況だけで安易に考えて購入してしまうと、10年先20年先に後悔する事になるかもしれませんので、きちんと将来を見据えて決める事をおすすめいたします。

あなたにオススメの記事

ライフスタイルテーマ : 【マイホーム・インテリア】その他の記事

マイホーム・インテリア
もっと見る