注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

建築家に依頼するときのポイント

ライフスタイル

2019.05.30

104-1

こだわりのマイホームを建てたい場合は、建て売りにするか注文住宅か悩むものですが、少しでも思い通りのデザインを実現させたいと思うなら、建築家への依頼を考えるのではないでしょうか。

世界にたった一つの自分だけの家を手に入れることができるので、建築家に依頼したいと考える人も少なくありません。

しかし初めて依頼する場合、どの建築家におまかせするのが良いか分からないものです。やはり依頼するなら、それなりに経験を積んでいるプロの建築家に依頼したいですよね。そこで建築家に依頼するときは、どのようなことに気をつければ良いのかまとめてみました。

■過去の作品

建築家に依頼する前にまずチェックしたいのが、過去の作品を確認することです。どのような作風なのか、どのようなテイストの作品が多いのか建築家によってタイプが異なりますので、自分の理想とする住宅にマッチしているかどうかが分かります。

ナチュラルテイストを得意とする建築家もいれば、スタイリッシュ系やリゾート系、モダン系など、自分の得意とするジャンルがある建築家も少なくありません。

もちろん中には作風がバラバラの建築家もいます。お客さまの希望を形にすることを最優先しているタイプの建築家や、アーティストとしての枠を限定したくないタイプの建築家であれば、作風が統一していないこともあるでしょう。

また、建築家によっては大型の建築物や公共の施設、デザイン性の高い建築物など、得意としているジャンルがあります。

大型の建物ばかりデザインしている建築家よりも、住宅を専門にデザインしている建築家のほうが、デザインはもちろん、設備やコスト、暮らしやすさなどバランスを考えて提案してくれますので、理想のマイホームを建てやすいかもしれません。

■構造設計や設備設計に精通している

建築のプロである建築家は、設備や構造の設計力も高いものです。住宅は見た目のデザインだけでなく、電気やガス、水道などの配管や配線を効率よく設計する必要があるため、建築家には設備や構造の設計力も求められます。

あまり構造や設備の設計に精通していない建築家の場合、構造よりもデザインを優先した設計をしてしまったり、コストが高くなってしまう可能性もゼロではありません。

デザイン性ばかり強調してくる建築家は、そこで暮らす人のことを考えた住みよい住宅作りが難しい場合もあるかもしれませんね。

■現場のことをよく知っている

設計しか行わない建築家の場合、現場のことをよく理解していない可能性もあり、手間がかかる図面を作成してしまうことも考えられます。結果的に施工期間が長引いてしまうと、コストが上がってしまう原因になることも。

現場を知らないと施工会社がどのような手抜きをするのか、また、どのような工事ミスが多いかなどを把握していないため、施工現場に行ってみても手抜きやミスを見抜けません。

一般的に建築家は施工現場の管理をするため、実際に工事が始まれば現場に通い、進行状態や施工状況をチェックします。

遅れがあったり、ミスがある場合は建築家が施工会社に指示を出しますので、手抜きやミスが出にくいものです。また、トラブルになった場合も施主と施工主の間に入り、解決できるようフォローを行ってくれます。

建築家に依頼する場合、現場のことをよくしっているかどうかは、事前にチェックしておいたほうが良いでしょう。

■コストダウンの相談も受けてくれる

建築家に依頼すると、高額な材料や工法ばかりすすめてきそうに思えるものですが、住宅を専門にしている建築家の場合、材料や設備などにも精通していますので、コストダウンの相談も受け付けてくれます。

材料だけでなく内装の間仕切りを減らしたり、壁を少なくすることで材料と施工費の両方をコストダウンできる方法などもありますので、ローコストに対応している建築家なら、こうした提案も行ってくれるでしょう。

建築家に依頼すると高額な設計料がかかるとされていますが、その分だけコストダウンを行うことが可能なので、かえって割安に抑えることもあります。

ハウスメーカーの注文住宅を購入を検討しているなら、建築家に見積もりを出してもらって比較してみてはいかがでしょうか。

■どんな敷地条件でも対応できる

予算によって、理想どおりの土地を購入できないこともあります。日当たりが悪い、変形している、敷地が狭いなど、条件の悪い土地を購入してしまうと、理想のマイホームは建てられないように思えるものです。

いろいろな制約がある土地でも、建築家はこれまでの経験値や新しい発想で、柔軟なアイデアを生み出します。

悪条件を逆手に取ったり、発想の逆転をすることで、考えられないような斬新なプランを打ち出してくれることでしょう。

104-2

■まとめ

建築家を選ぶポイントについて紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。建築家のこれまでの経験値や作風などをチェックすることはもちろん大切ですが、やはり建築家の人柄もしっかりチェックしておきたいものです。どれほど素晴らしい作品を作っているとしても、相性が合わなければ良い家づくりもできませんものね。

あなたにオススメの記事

ライフスタイルテーマ : 【マイホーム・インテリア】その他の記事

マイホーム・インテリア
もっと見る