注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

管理組合の役員!?受けるべきか受けないべきか

ライフスタイル

2019.05.25

95-1

 

マイホームを購入するなら、何かと利便性の高いマンションを検討している人も多いのではないでしょうか。一戸建てと違い、町内会や周辺住民との付き合いもそれほど密ではないため、気楽に生活できるように思えるものです。

しかし、マンションは所有者たちで建物を管理しなくてはならないため、管理組合を設けていることが多く、住居者は順番に役員を引き受けなくてはなりません。もちろん任意ですので断ることもできますが、周りの人たちが引き受けていると断りづらい一面もあります。そこで今回はマンションの管理組合の役員の仕事について、いろいろまとめてみました。

■マンションを購入するともれなくついてくる管理組合

町内会や近所付き合いを避けたいと思ってマンションを購入するつもりなら、少し考えなおしたほうが良いかもしれません。

マンションは共同住宅のため、各自が思いどおりに生活するのでなく、話し合いをしながら住みやすい居住スペースを作る必要があります。そのために居住者が管理組合を作り、さまざまな取り決めを行っていきます。

一戸建てであれば、土地も建物もすべて自分の所有になるため、自分の判断でメンテナンスや改修を行うことが可能です。

しかしマンションの場合、多くの世帯が集まっているので、共有スペースや建物については、管理組合で話し合いをして修繕などを決めなくてはなりません。

マンションの住人から代表者を選び、理事会を作って、マンションの維持や運営について話し合いをしていきます。

一戸建ての町内会と同じようなものですが、自分の住んでいる建物に関わることなので、より責任は重いといえるでしょう。

■管理組合の役員はどうやって決まる?

マンションは購入した時点で区分所有者となるため、自動的にそのマンションを管理している組合員になります。

役員は組合員の中から選出されるため、順番で回ってくることもあれば、推薦されることもあります。もちろん立候補して役員になることも可能です。

一般的には最初に役員の立候補や推薦を募りますが、現れなかった場合は持ち回りで順番に役員を依頼されます。

分譲マンションの場合、購入すると長期的に暮らす人が多いため、必ず一度は役員が回ってくると思っておいたほうが良いでしょう。

■管理組合の仕事内容

マンションの管理自体は管理会社に依頼していることが多いですが、それ以外にもマンションの維持や運営には多くの仕事が必要となります。

住人同士のトラブルを解消するのも、管理組合の仕事です。マンションの規定を違反する住人がいればルールを守るように指導したり、新たなルールが必要ならば作成することもあります。

建物や設備などの点検や清掃をチェックするのも、役員の仕事の一つです。共有スペースをキレイにしたり、建物にヒビなど入っていないかチェックして、必要であれば修繕を行います。

管理会社に一任しているマンションもありますが、管理組合と協力して維持管理を行っている場合もあります。

マンションの維持管理に必要となる修繕積立金や管理費は、毎月住人から集金しなくてはなりません。

メンテナンスなどに必要となるお金はここから支払いますので、お金の管理をするのも管理組合の仕事となります。

住人の中には修繕管理費を滞納する人もいますので、督促業務を行わなくてはならない場合もあります。

■役員の仕事はどんなもの?

マンションの管理組合役員には、さまざまな役職があります。理事長や副理事長、会計や保安、広報や管理、渉外や企画、修繕など、業務内容によって理事職用意されています。

総会や理事会で報告、または書類への署名押印を行うのが理事長の業務です。副理事長は理事長が業務を遂行できない場合、代理として理事業務を代行します。

会計はマンションの修繕管理費の積立金の出納や保管、運用や通帳管理などを、保安はマンションの安全や秩序、風紀などを守るのが業務となります。

このように、それぞれの役員ごとで業務が割り振られており、各自がその役目を遂行します。

95-2

■断ればペナルティーがあることも

共働きの夫婦が増えている昨今では役員が回ってきても受けることができず、辞退する住人も増えています。

しかし住人それぞれの事情はさておき、マンションに住んでいる以上、平等に役員を引き受けなくてはなりません。一人の住人だけが役員を受けなくて済むようになると、住人たちの間で不満がたまり、誰も役員を引き受けなくなります。

管理組合によっては役員を辞退する場合、一定の負担金が課されるペナルティーを設けていることも多いようです。

お金さえ払えば辞退できるとも受け取れますが、今年辞退したからといって来年指名されないとは限りません。

毎年のように辞退し続けると、住人から不満の声が上がるのは避けられないため、マンションに住んでいる以上、定期的に役員を受けるのは義務と思っていたほうが良いでしょう。

■まとめ

面倒なことを避けたくてマンション購入をしたはずなのに、さらに面倒な役員を引き受けなくてはならないと思うと、マンション購入を考えなおしてしまう人もいるかもしれませんね。 とはいえ一戸建ての場合でも、町内会の役員を受けなくてはならないこともあります。町内会ではルール化が徹底していないことも多いので、マンションの管理組合のほうが、まだ業務を遂行しやすいといえそうですね。

あなたにオススメの記事

ライフスタイルテーマ : 【マイホーム・インテリア】その他の記事

マイホーム・インテリア
もっと見る