コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

物件探しで「理想の家」を大きく二分した夫婦のある価値観の違い

ライフスタイル

2020.02.16

日当たりがいい家にもデメリットが…

一方で“日当たりを気にしない派”からは、「駅から近くて価格も安かったら日当たりは気にしない。日当たりは『良ければイイかな?』くらいの感覚です」「『住めば都』っていうし、しばらく住めば慣れるのでは」との意見が。

 

“日当たりを気にしない派”だったある女性は、不動産屋からの一言で“気にする派”に変わったそう。「新居を探しているときに『日当たりは変えられないから重要視した方がいい』と言われた。それからは日当たりを気にしてる」との声が上がっています。

 

ネット上には、実際に日当たりがいい家に住んでいる人からの体験談も。「日の光に当たると超気持ちいい」など喜びの声が多い中、「夏はめちゃくちゃ暑くなるよ。冷房でガンガンに冷やすので、電気代が高くつく」「日光に家具をさらしていると、すぐに傷むんだよね…」とデメリットをあげる人も見られました。“日当たり良好な家”は良いことも多いですが、デメリットも少なからずあるようです。

 

>>NEXT マンション購入時も「日当たり・採光」を気する人多数!

2 / 3 ページ

あなたにオススメの記事

ライフスタイルテーマ : 【マイホーム・インテリア】その他の記事

マイホーム・インテリア
もっと見る