注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

戸建て購入 その安くて広い土地は買いですか?

ライフスタイル

2019.08.10

広い家や土地での暮らしぶりがメディアなどで紹介されると、多くの人が憧れを持つものです。

そして、広い土地を買ってゆったりと暮らしたいと思ってしまう人は多いことでしょう。けれども、広さと引き換えに犠牲にしてしまうものが多くあるとしたら、少し考えてみる必要があるかもしれません。

「こんなハズでは…」と後悔しないためにも。安くて広い土地を購入することが本当にお得なのかどうか探ってみることにしましょう。

 

◆安くて広い土地のメリット

まずは、安くて広い土地のメリットについて考えてみましょう。次のようなメリットがあります。

●好みの間取りを設計できる

土地が広ければ、好きな間取りで家を設計することが可能です。広いリビングルームや、開放感のある部屋作りができます。

日当たりの良い南向きの部屋を作るためにあれこれ工夫したり、間口の狭さを気にしたりする必要もありません。

広い土地があれば、収納スペースを十分に確保することが可能ですので、収納スペースを少しでも増やすための涙ぐましい努力からも解放されることでしょう。

●隣家と十分な距離を取ることができる

広い土地であれば、隣の家から十分な距離を取ることができます。そのため、隣家の生活音や騒音に悩ませる可能性も低くなります。

隣の家との距離が十分でない場合は窓を開けたりする時に、隣の住民の目が気になってしまうものです。けれども、広い土地で隣の家から十分離れていれば、隣の目を必要以上に気にする必要もなくなりますので、窓を開けてのびのびと過ごすこともできるでしょう。

●広い駐車場や庭も作れる

土地が広ければ、十分な広さの駐車場を作ることができますので、車庫入れなどに苦労することもなくなるでしょう。

また、ガーデニングが好きな方であれば広い庭を作って、四季折々の草花を楽しむことができるでしょう。

休日には広い庭でお友達を招いてバーベキューやガーデンパーティーを行ったりすることもできるでしょう。

犬や猫が好きな方であれば、広い庭でペットを遊ばせることも可能でしょう。

◆安くて広い土地のデメリット

それでは、次に安くて広い土地のデメリットについて見てみることにしましょう。

●建築施工費用が高くなる

広い土地に家を建てるとなると、その分建材費や人件費がかさんでしまうことになります。仮に広い家にしないで、駐車場や庭を広くしたとしても、それに伴う外構費用が発生してしまいます。

広い土地に家だけポツンと建てることはまずありませんので、フェンスや敷地内に家の玄関までのポーチを設置したりすることになります。土地が広くなれば、それに伴って外構工事を行う範囲も広くなりますので、費用がアップすることになります。

●通勤・通学時間がアップする

土地の価格は周囲の環境によって大きく左右されてしまいます。安くて広い土地の場合は、駅からとても離れています。

そのため、毎日の通勤・通学時間が大幅にアップしてしまうことになります。通勤・通学は満員電車などに乗るだけでも疲れるものです。仮に30分早く起きて、帰宅時間が30分遅くなってしまったら、家でくつろぐ時間が短くなってしまって時間的にも体力的にも厳しくなってしまいかねません。

●メンテナンスが大変

広い家や広い土地のメンテナンスを行うのは大変です。

掃除機を使って自分で広い家の掃除をするのはかなりの手間と時間が必要です。お掃除ロボットを使ったり、定期的にお掃除サービスを頼んだりする必要が出てくるかもしれません。

また、広いお庭があれば庭の手入れを定期的に行って雑草を処理したりすることも必要になります。

さらに、快適に暮らすためには建物や外壁などの定期的なメンテナンスが必要になって来ますので、その費用もかなりのものになります。

●光熱費・設備費が高くなる

広い家に住むと光熱費が大幅にアップしてしまうことになります。

部屋を快適な温度に保つためには、部屋の広さに応じて電力を消費することになります。

また、部屋数が多くなれば、照明設備、冷暖房エアコンなどの数も増えてきますので設備費もかさんできます。

●周囲の施設が充実していない場合も

安くて広い土地の場合、周囲に商店や医療施設などが充実していない場合もあります。

最近はネット購入や宅配サービスが充実していますので、周囲にお店がないことの不便さを感じることは少なくなってはいます。けれども、ストックが切れていてすぐに必要な場面というのは出てくることがあります。そんな時にすぐに調達することができないのは不便なものです。

また、近くに医療施設がないと、いざという時にすぐに対応してもらうことができませんので不安なものです。

 

◆まとめ

安くて広い土地を購入することのメリットとデメリットについて探って来ましたが、メリットもたくさんある反面デメリットも多くあることをお分かりいただけたのではないかと思います。

安くて広い土地の購入を検討する時には、今回ご紹介したメリットとデメリットについて検討するとともに、ご自分にとって快適に暮らすために本当に必要な広さについても考えてみることをおススメします。

あなたにオススメの記事

ライフスタイルテーマ : 【マイホーム・インテリア】その他の記事

マイホーム・インテリア
もっと見る