注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

「100万円で1か月だけ恋人になって」余命1年の女性の運命の恋…映画『雪の華』

ライフスタイル

2019.02.28

最終★メイン_2173485

©︎2019 映画「雪の華」製作委員会

 

冬の寒さが日に日に薄れ、「花粉症」というワードも天気予報から聞こえ始める今日この頃。春の足音が次第に近づきつつありますが、まだまだ冬を堪能したい! という方も少なくないはず。そんな方にぴったりなのが、東京とフィンランドを舞台に一生に一度の運命の恋を描く最高のラブストーリー、映画『雪の華』です。

 

映画『雪の華』


中島美嘉の大人気ラブソングを映画化

 

サブ4_3034097

©︎2019 映画「雪の華」製作委員会

 

もはや説明不要。発売から15年以上経った今でも、冬のラブソングの定番として愛されている中島美嘉の代表曲『雪の華』からインスパイアされた大人のラブストーリー、それが映画『雪の華』です。東京とフィンランドを舞台に、余命わずかの女性と青年の切ない恋が描かれます。

 

幼い頃から病気がちで、夢見ることを諦めていた美雪を中条あゆみ、彼女が偶然出会い、運命の恋に落ちてしまう青年・悠輔を三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBEの登坂広臣が演じています。ガラス工芸家を目指しながら、妹と弟の面倒をみる悠輔が働くカフェが経営危機であることを知った美雪は、ある提案をします。それは100万円で1ヶ月だけ恋人になるというもの。“期間限定”の恋が始まるのですが……。

 

ピュアすぎるデートシーンに思わずキュンとなる?!

 

R_サブ2_DSC0418

©︎2019 映画「雪の華」製作委員会

 

「100万円で1ヶ月恋人になって」

 

美雪は、理由もなくこんな提案をしたわけではありません。彼女には命の期限があったのです。余命1年。悔いのないように生きるため、楽しい時間を過ごすために、この提案を思いついたのです。悠輔は美雪の事情を知ることなく、提案を受け入れ、期間限定の恋人となります。

 

_DSC0287

©︎2019 映画「雪の華」製作委員会

 

病気のためにさまざまなことを諦めてきた美雪にとって、何もかもがとても新鮮。デートの待ち合わせや、手作りのお弁当、別れ際のバイバイなど、「こんなことでいいの?」と思わず悠輔が尋ねてしまうほど些細なことに、よろこびを感じるのです。二人ともいい大人なのですが、とてもピュアな恋人としてのやりとりに素直にキュンとしてしまいます。

 

冬だけじゃない!夏のフィンランドも美しい!

 

サブ1_6163904

©︎2019 映画「雪の華」製作委員会

 

タイトルは『雪の華』。中島美嘉のラブソングも冬のイメージが強いのですが、二人が訪れるのは夏のフィンランド。雪のないフィンランドは色鮮やかでとても美しい!! 旅先であること、そして契約とはいえ恋人としての日々を重ねてきた二人の距離が縮まるのはごく自然のこと。しかし、旅の終わりとともに、恋人としての期限も終わりを迎えてしまうのです。

 

『雪の華』デート

©︎2019 映画「雪の華」製作委員会

 

心は近づいたのに、離れなければならない二人。切なさ、もどかしさ、そしてやるせなさに胸が締めつけられます。美雪が余命1年であることから、よくあるお涙ちょうだい的なストーリーになるかと思いきや、そんな状況を忘れてしまうほど、純粋なラブストーリーに引き込まれます。そんなに偶然って重なる?!とツッコミを入れたくなる気持ちも吹っ飛ぶくらい「運命の恋にはこういう偶然の積み重ねがあるよね」と納得させられます。

 

サブ3_DSC1199

©︎2019 映画「雪の華」製作委員会

 

夏のフィンランド、春の桜、そして、冬の雪。それぞれの季節の美しさも存分に堪能できるラブストーリーに浸ってみませんか。

 

[作品情報]

映画『雪の華』

◉公開情報:大ヒット公開中

◉配給:ワーナー・ブラザース映画

◉©︎2019 映画「雪の華」製作委員会

◉公式HP:wwws.warnerbros.co.jp

文/タナカシノブ

あなたにオススメの記事

ライフスタイルテーマ : 【映画】その他の記事

映画
もっと見る