注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

北川景子の秘密の過去が暴かれる『スマホを落としただけなのに』

ライフスタイル

2018.12.13

©︎2018映画「スマホを落としただけなのに」製作委員会

 

スマホを置き忘れて、ハッとした経験はありませんか?

 

今回ご紹介する映画は、恋人がスマホを置き忘れたことがきっかけで、主人公が秘密にしていた過去がバレ、追い詰められていく…というお話です。仕事中にのんきにラブラブメッセージを送る恋人同士の秘密。うっかりスマホを置き忘れて、浮気がバレちゃった? なんてレベルの話ではなく、サイコパスは出てくるし、主人公の秘密は予想をはるかに超えているし…で、冒頭の穏やかな雰囲気は、一気に吹っ飛びます。

 

映画『スマホを落としただけなのに』


身近すぎてリアル!

 

©︎2018映画「スマホを落としただけなのに」製作委員会

 

スマホがなければ生活できない! という方も多いのではないでしょうか。電話やメール、インターネットをするだけでなく、動画を見たり、写真を撮ったり、SNSを使ったり…支払いだってスマホひとつでOK! つまり、スマホさえあれば、日々の生活は成り立つというのも大げさな表現ではないかもしれません。

 

©︎2018映画「スマホを落としただけなのに」製作委員会

 

だからこそ、田中圭演じる富田がスマホをタクシーに置き忘れただけで、本人以上にそわそわしそうになるのです。冒頭で富田がスマホを忘れたシーンを目にして、思わず自分のスマホを確認してしまう方、少なくないはずです。

 

スマホをなくした本人よりも被害を受けたのは…

 

©︎2018映画「スマホを落としただけなのに」製作委員会

 

スマホを落としてまず心配するのは、アカウントの乗っ取りやなりすまし、そして、写真ですよね。劇中でも「宝箱」なんて言葉も出てきますが、大切な写真をスマホに保存するのは、当たり前になっています。ロックをかけておけば大丈夫なんて安心はできません。いとも簡単に解除されてしまうこともあるからです。

 

©︎2018映画「スマホを落としただけなのに」製作委員会

 

富田がスマホを置き忘れたことで一番の被害者となったのは、北川景子演じる恋人の麻美でした。恋人にしか見せない姿を写真に撮っていた…それがきっかけで拾った人が麻美に興味を持ち始める…ここまでは予想できるかもしれません。しかし、事態はもっと複雑に、そして麻美の過去まで暴いていくことになるのです。

 

過去に秘密あり! の怪しい登場人物たち

 

©︎2018映画「スマホを落としただけなのに」製作委員会

 

スマホを置き忘れてしまう、ちょっとおっちょこちょいな一面はあるものの、優しくて自分をとても愛してくれる恋人。主人公の麻美はしあわせそのもの! といった印象です。しかし、この主人公にこそ、サイコパスを刺激するほどの過去を持っているという意外な展開が……。

 

©︎2018映画「スマホを落としただけなのに」製作委員会

 

とある連続猟奇殺人事件の犯人がスマホ事件の同一人物であることは、意外とすぐにわかるのですが、犯人が誰なのか……。見るからに怪しい人から、救世主のように登場し危機から救ってくれる人、そして、過去にトラウマがある人など、出てくる人すべてに疑いの目を向けてしまいます。映画『リング』の中田秀夫が監督を務めているだけに、恐怖の代名詞「貞子」を彷彿させるキャラクターの登場には、背中がゾクゾクしちゃいます。

 

 

©︎2018映画「スマホを落としただけなのに」製作委員会

 

スマホを置き忘れるという、うっかりミスで恋人が隠していた過去を知ることになった富田。恋人の秘密を知り、彼がどんな行動をとるのか。ホラー感たっぷりの怖い作品ではあるのですが、富田の愛が試される! そんな見方もできる作品です。この映画を観たら、スマホの使い方について、改めて考えさせられてしまうかもしれません。

 

[作品情報]

『スマホを落としただけなのに』

◉原作:志駕晃『スマホを落としただけなのに」(宝島社文庫)

◉監督:中田秀夫

◉出演:北川景子

千葉雄大 / バカリズム 要潤 高橋メアリージュン 酒井健太 筧美和子 / 原田泰造

成田凌/田中圭

◉公式サイト:sumaho-otoshita.jp

◉全国大ヒット上映中!

◉©︎2018映画「スマホを落としただけなのに」製作委員会

文/タナカシノブ

あなたにオススメの記事

ライフスタイルテーマ : 【映画】その他の記事

映画
もっと見る