注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

不器用なラブストーリー!菅田将暉×趣里が贈る『生きてるだけで、愛。』

ライフスタイル

2018.11.18

ikiai_hon_chirashi

©2018『生きてるだけで、愛。』製作委員会

 

ほんの一瞬だけでも、分かり合えたら。

 

不器用な男女の心の叫びを描いたエモーショナルなラブストーリーが届きました。『ブラックペアン』で一躍注目を浴び、女優として目覚ましい活躍の趣里が主人公・寧子を、コメディからシリアスまで確かな演技力で魅了する、第41回日本アカデミー賞最優秀主演男優賞を受賞した実力派・菅田将暉が寧子と同棲中の恋人・津奈木を演じています。

 

映画『生きてるだけで、愛。』あらすじ


芥川賞作家・本谷有希子の同名小説が原作

 

映画『生きてるだけで、愛。』メインビジュアル

©2018『生きてるだけで、愛。』製作委員会

 

原作は本谷有希子による同名小説。主人公の寧子は、鬱による過眠症が原因で引きこもり状態。彼女には3年同棲している出版社でゴシップ記事を執筆している彼氏・津奈木がいます。ふたりの出会いは、とある飲み会。どこにでもいそうな普通のカップルのようですが、お互いに少々不器用というか、人間関係がうまくいかないタイプなのです。

 

映画『生きてるだけで、愛。』場面カット

©2018『生きてるだけで、愛。』製作委員会

 

寧子はメンタルに問題があり、鬱状態。その鬱が原因で過眠症にもなっています。家の中には敷きっぱなしの布団があり、そこでゴロゴロと1日を過ごし、家事もままならない状態。外でバイトなんて続くはずがありません。外の世界との繋がりといえば、姉とのメールや電話だけ。そんな彼女と同棲している津奈木は、一見穏やかそうに見えますが、どこか諦めの雰囲気も漂わせています。

 

映画『生きてるだけで、愛。』場面カット

©2018『生きてるだけで、愛。』製作委員会

 

出版社に入ったのは、文学に夢を抱いていたから。しかし、現実は週刊誌のゴシップ記事の執筆に追われる毎日を過ごしています。仕事にやりがいを感じることもなければ、職場での人間関係もうまくいきません。そんな状況でも会社に通い、寧子にお弁当を買って帰るという日々を送っています。

 

津奈木の元カノ登場で生活に変化が?!

 

映画『生きてるだけで、愛。』場面カット

©2018『生きてるだけで、愛。』製作委員会

 

エキセントリックで感情の起伏が激しい寧子と静かで穏やかな津奈木。のように見えますが、正直、津奈木の寧子に対する態度は、向き合うことを避けているかのように感じます。それが寧子をさらに苛立たせる原因になっているのです。ほぼ理不尽な感情むき出しの寧子とすべてをスルーしているかのような津奈木。お互いに自分の思いを伝える方法を持ち合わせていません。“言葉”にして気持ちを伝えることができないふたりなのです。

 

映画『生きてるだけで、愛。』場面カット

©2018『生きてるだけで、愛。』製作委員会

 

ぶつかり合うことなく過ごすふたりは、喧嘩にもならないのです。ある意味穏やかな時が流れています。そんなふたりの静寂に変化をもたらす存在が登場します。それが、仲里依紗演じる津奈木の元カノ・安堂です。津奈木を取り戻すために安堂が寧子に提案したのは、「社会復帰と自立」。そのためにバイトまで紹介してくれるのです。

 

映画『生きてるだけで、愛。』場面カット

©2018『生きてるだけで、愛。』製作委員会

 

外の世界に触れていく寧子と、疲労とストレスの限界で爆発寸前の津奈木。ふたりの関係に変化は訪れるのでしょうか?

 

不器用なふたりが一緒にいる理由

 

映画『生きてるだけで、愛。』場面カット

©2018『生きてるだけで、愛。』製作委員会

 

不器用と無関心。寧子と津奈木の関係をひとことでいえば、こんな表現になるかもしれません。ふたりが一緒にいる理由も、ぱっと見よくわかりません。はたから見たらふたりの関係は成り立っていない、むしろ破綻しているかのように見えるのです。

 

映画『生きてるだけで、愛。』場面カット

©2018『生きてるだけで、愛。』製作委員会

 

しかし、カップルが惹かれ合う理由なんて、本人たちにしかわからないものですよね。ふたりの不器用と無関心というキャラクターに目がいくから、「なぜ?」という気持ちなりますが、お互いがお互いを必要とする理由が、そこにはあるのです。

 

映画『生きてるだけで、愛。』場面カット

©2018『生きてるだけで、愛。』製作委員会

 

エキセントリックな趣里と、温度低めな菅田将暉。ふたりが織りなす不器用な男女の愛の物語に心揺さぶられてみませんか。

 

[作品情報]

『生きてるだけで、愛。』

◉出演:趣里 菅田将暉

田中哲司 西田尚美/松重豊/石橋静河 織田梨沙/仲里依紗

◉原作:本谷有希子『生きてるだけで、愛。』(新潮文庫刊)

◉監督・脚本:関根光才

◉製作幹事:ハピネット、スタイルジャム

◉企画・制作プロダクション:スタイルジャム

◉配給:クロックワークス

◉公式サイト:ikiai.jp

◉©2018『生きてるだけで、愛。』製作委員会

文/タナカシノブ

あなたにオススメの記事

ライフスタイルテーマ : 【映画】その他の記事

映画
もっと見る