注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

食欲の秋に…料理も男も味わいつくす!小泉今日子主演『食べる女』

ライフスタイル

2018.10.03

hobby20181002-1

(C)2018「食べる女」倶楽部

 

「おいしいごはん」と「いとしいセックス」がテーマの“おいしい映画”が到着しました! 腹が減っては戦ができぬとはよく言ったもので、お腹が満たされなければ、エネルギーも湧きません。エネルギーがわかなかったら、素敵な恋もできません。

 

映画『食べる女』に登場するのは、都会に生きる女たち。心のどこかに悩みや孤独を抱えながらも、たくましく生きています。ちょっと弱っている時には、そっと背中を押してくれる人、優しく包み込んでくれる場所が必要ですよね。本作で登場するトン子さんの家は、まさにそんな場所なのです。

 

映画『食べる女』


女たちが集まる場所:トン子の家

 

hobby20181002-2

(C)2018「食べる女」倶楽部

 

小泉今日子演じるトン子は文筆家のかたわら、小さな古書店を経営しています。古書店で扱う本は“食”にまつわるものばかり。トン子さんはおいしいものが大好きなのです。

 

hobby20181002-3

(C)2018「食べる女」倶楽部

 

トン子さんが暮らす古い一軒家には、おいしい料理を求めて仲良しの女性たちが集まります。鈴木京香演じる美冬はごはん屋さんを営む女将で、おいしいゴハンと若い男が大好物。沢尻エリカ演じる編集者のドドは、「男なんて必要ない! 自分の力で生きていく」とマンションを購入した仕事に生きる女性。前田敦子演じる多美子はテレビ局のAP(アシスタントプロデューサー)は、至れり尽くせりの彼氏がいながら、恋愛に満足していないアラサーです。みんなそれぞれの恋愛観、人生観を持っています。

問題を抱えた女たち

 

hobby20181002-4

(C)2018「食べる女」倶楽部

 

トン子の家に集う面々以外にも、恋愛、結婚をこじらせた女たちが登場します。広瀬アリス演じるあかりは、古着屋で働くいまどきの女性。料理上手(特にひき肉料理が得意!)で、男に尽くすタイプだけど、男にだらしない! 元彼にフラれた寂しさを紛らわすためにBAR「ロマ」に通い、隣に座った男性をお持ち帰りするクセがあります。山田優演じるBARのママ・珠美は、オーナーと離婚したのに子どもの親は彼しかいない! とオーナーの子どもを身ごもっています。

 

hobby20181002-5

(C)2018「食べる女」倶楽部

 

「おいしい」の本当の意味がわからない料理下手なリサを演じるのはシャーロット・ケイト・フォックス。トン子さんの家に下宿しながら、美冬のお店で料理を学びます。壇蜜演じる米坂ツヤコは、2人の子供を育てるシングルマザー。離婚したにも関わらず、元夫のお家に押しかけピクニックに誘うという、ちょっと壊れてしまった女性です。小学生の娘がトン子さんと知り合いになったことをきっかけに、関わるようになっていきます。

 

hobby20181002-6

(C)2018「食べる女」倶楽部

 

トン子さん以外はみんな男にまつわる悩みを抱えています。完全なる聞き役となっていますが、こういった人がひとりいるだけで、ホッとしますよね。

おいしいごはんはネガティブ要素を忘れさせる!

 

hobby20181002-7

(C)2018「食べる女」倶楽部

 

「人は、おいしいごはんを食べている時と、いとしいセックスをしている時が一番暴力とか差別とか争いごとから遠くなる」というトン子さんのセリフがあります。恋愛は相手がいないとできないけれど、ごはんはひとりでも楽しめる! ごはんと恋愛はまったく別物だし、満たされる“欲”の種類も違うもの。でも、幸せを感じることは確かですよね。

 

hobby20181002-8

(C)2018「食べる女」倶楽部

 

自分がしあわせだ、と感じるもので欲を満たせばいいのです。ごはんの好みも、恋愛のスタイルもひとそれぞれ。自分が心地いいと感じるものに身を委ねたいものですよね。

食べる姿もエロティック!

hobby20181002-9

(C)2018「食べる女」倶楽部

 

年下をコロリとさせてしまう鈴木京香演じる美冬も、とても色っぽいのですが、本作で最も女っぷりを発揮していたのが、沢尻エリカ演じるドドです。「男なんて…」と言いながら、チャンスがやってくればやはり傾いてしまう。本音は「いい恋愛がしたい! 」という女心がチラリと見えてとても可愛らしいのです。

 

hobby20181002-10

(C)2018「食べる女」倶楽部

 

目を閉じて料理を味わう姿、手羽先を手づかみで豪快に食べる姿、おにぎりを食べる姿でさえ、とても色っぽく感じます。冴えないオヤジサラリーマンとして登場するユースケ・サンタマリア演じるタナベとの恋愛にはトキメキはないものの、料理上手でキスも意外とうまい。冴えない男性が実は…というギャップにドキッとしてしまいます。

 

hobby20181002-11

(C)2018「食べる女」倶楽部

 

登場する男性陣のキャラクターは、いわゆる“おいしい料理”タイプではありません。でも一緒にいることで、大切なものは何か、自分に必要なものは何かを気づかせてくれます。こういう存在は、人生にかかせないものですよね。お好みの男性を見つけるのも、この作品の味わい方のひとつです。

 

[作品情報]

『食べる女』

◉キャスト:小泉今日子  沢尻エリカ  前田敦子  広瀬アリス

山田 優  壇 蜜  シャーロット・ケイト・フォックス  鈴木京香

ユースケ・サンタマリア  池内博之  勝地涼  小池徹平  笠原秀幸

間宮祥太朗  遠藤史也  RYO(ORANGE RANGE)  PANTA(頭脳警察)  眞木蔵人

◉原作・脚本:筒井ともみ『食べる女 決定版』(新潮文庫)

◉公開中

◉公開情報:PG12

◉公式ホームページ:taberuonna.jp

◉(C)2018「食べる女」倶楽部

文/タナカシノブ

あなたにオススメの記事

ライフスタイルテーマ : 【映画】その他の記事

映画
もっと見る