注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

第7回|恋愛系が苦手な映画コメンテーターが選ぶ、大人の恋愛映画No,1!

ライフスタイル

2018.09.21

2019.12.01

akapen_600-420 

たまには、恋愛映画でもいかがですか?

だんだんと秋の気配がしてきましたね。過ごしやすくて、家族みんな夜もぐっすり。ご飯もおいしい。ハイボールだって、いつもよりおいしく感じます。秋って、マジ最高ですね。そしてもうすぐ、息子は初めての運動会。今からワクワクが止まりません。

 

▲息子・晴太朗を連れて、久しぶりのレストラン。「日頃の感謝を込めて、ママはご褒美のワインをどうぞ」。この後…僕はデザートにアフォガードを頼みましたが、エスプレッソをかける前のバニラアイスを奪われました。息子にもご褒美は必要だったか。

▲息子・晴太朗を連れて、久しぶりのレストラン。「日頃の感謝を込めて、ママはご褒美のワインをどうぞ」。この後…僕はデザートにアフォガードを頼みましたが、エスプレッソをかける前のバニラアイスを奪われました。息子にもご褒美は必要だったか。

 

夜が長く、過ごしやすい秋だからこそ…!

ティータイムを楽しみながら、または、ワインなど片手に観て欲しい映画があるわけです。今回は、恋愛映画をご紹介します。

というのも、このコラムの担当さんから「ハッピーエンドだってわかっていて楽しめる映画、お願いします」とリクエスト。確かに、このコラムは最近、ちょっと胸が痛む感動ものが多かったんですよね。

それなら恋愛映画!と言いながら実は、僕は…恋愛映画って…苦手です。結婚してからはなおさら、どうも他人ごとのように眺めてしまう。そんな僕ですが、この映画だけは!とオススメしたい大好きな作品があるんです。僕が楽しいんだから、きっとパパさんたちも一緒に楽しめるはずです。

 

<一つ前の作品紹介を読む>  余命僅かのママが4歳の娘に教えた大切なこと…『はなちゃんのみそ汁』

 

ママに捧ぐ映画 第7回 ジョン•カーニー監督作品
『はじまりのうた BEGIN AGAIN』

監督のジョン•カーニーはバンドマンから映画監督へ転身した変な人ですが2007年公開の「ONCE ダブリンの街角で」という作品でアカデミー賞の歌曲賞を受賞。

2013年公開の今作「はじまりのうた BEGIN AGAIN」は、全米でたった5館だけで公開開始。しかし、爆発的な口コミにより、結果的には1300館にまで広がり、劇中歌がアカデミー賞歌曲賞にノミネートされました。とにかく音楽に超強い監督です。

そして主演はキーラ•ナイトレイ、マーク•ラファロ、そしてマルーン5のアダム•レヴィーンが映画初出演と非常にナイスなキャスティングです。

物語を簡単に説明すると、恋人に捨てられたシンガーソングライターの女性と、嫁とは別居中で仕事も落ち目の音楽プロデューサーが偶然に出会い、恋に落ちる…と思いきや恋には落ちません。

音楽プロデューサーの男は彼女の歌に惚れ込み「一緒にアルバムを作ろうぜ」と持ちかけ、制作費が全然ないから街中でゲリラライブをやってそのまま録音しようと提案。無茶苦茶なアルバム制作に取り掛かるというお話です。

つまり、恋愛や結婚がぶっ壊れた男女がその情熱を音楽に注ぎ込む事で何だか元気になっていくという物語なのです。

 

 

▲ゲリラライブの舞台はニューヨークの街角。エンパイヤステートビルが見えるビルの屋上や、地下鉄のホーム、子どもたちが遊ぶ路地裏など時には街の喧騒をバックにレコーディング。

(C)2013 KILLIFISH PRODUCTIONS, INC. ALL RIGHTS RESERVED.

▲ゲリラライブの舞台はニューヨークの街角。エンパイヤステートビルが見えるビルの屋上や、地下鉄のホーム、子どもたちが遊ぶ路地裏など時には街の喧騒をバックにレコーディング。

1 / 3 ページ

あなたにオススメの記事

ライフスタイルテーマ : 【映画】その他の記事

映画
もっと見る