注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

第7回|恋愛系が苦手な映画コメンテーターが選ぶ、大人の恋愛映画No,1!

ライフスタイル

2018.09.21

2019.12.01

akapen_600-420 

たまには、恋愛映画でもいかがですか?

だんだんと秋の気配がしてきましたね。過ごしやすくて、家族みんな夜もぐっすり。ご飯もおいしい。ハイボールだって、いつもよりおいしく感じます。秋って、マジ最高ですね。そしてもうすぐ、息子は初めての運動会。今からワクワクが止まりません。

 

▲息子・晴太朗を連れて、久しぶりのレストラン。「日頃の感謝を込めて、ママはご褒美のワインをどうぞ」。この後…僕はデザートにアフォガードを頼みましたが、エスプレッソをかける前のバニラアイスを奪われました。息子にもご褒美は必要だったか。

▲息子・晴太朗を連れて、久しぶりのレストラン。「日頃の感謝を込めて、ママはご褒美のワインをどうぞ」。この後…僕はデザートにアフォガードを頼みましたが、エスプレッソをかける前のバニラアイスを奪われました。息子にもご褒美は必要だったか。

 

夜が長く、過ごしやすい秋だからこそ…!

ティータイムを楽しみながら、または、ワインなど片手に観て欲しい映画があるわけです。今回は、恋愛映画をご紹介します。

というのも、このコラムの担当さんから「ハッピーエンドだってわかっていて楽しめる映画、お願いします」とリクエスト。確かに、このコラムは最近、ちょっと胸が痛む感動ものが多かったんですよね。

それなら恋愛映画!と言いながら実は、僕は…恋愛映画って…苦手です。結婚してからはなおさら、どうも他人ごとのように眺めてしまう。そんな僕ですが、この映画だけは!とオススメしたい大好きな作品があるんです。僕が楽しいんだから、きっとパパさんたちも一緒に楽しめるはずです。

 

<一つ前の作品紹介を読む>  余命僅かのママが4歳の娘に教えた大切なこと…『はなちゃんのみそ汁』

 

ママに捧ぐ映画 第7回 ジョン•カーニー監督作品
『はじまりのうた BEGIN AGAIN』

監督のジョン•カーニーはバンドマンから映画監督へ転身した変な人ですが2007年公開の「ONCE ダブリンの街角で」という作品でアカデミー賞の歌曲賞を受賞。

2013年公開の今作「はじまりのうた BEGIN AGAIN」は、全米でたった5館だけで公開開始。しかし、爆発的な口コミにより、結果的には1300館にまで広がり、劇中歌がアカデミー賞歌曲賞にノミネートされました。とにかく音楽に超強い監督です。

そして主演はキーラ•ナイトレイ、マーク•ラファロ、そしてマルーン5のアダム•レヴィーンが映画初出演と非常にナイスなキャスティングです。

物語を簡単に説明すると、恋人に捨てられたシンガーソングライターの女性と、嫁とは別居中で仕事も落ち目の音楽プロデューサーが偶然に出会い、恋に落ちる…と思いきや恋には落ちません。

音楽プロデューサーの男は彼女の歌に惚れ込み「一緒にアルバムを作ろうぜ」と持ちかけ、制作費が全然ないから街中でゲリラライブをやってそのまま録音しようと提案。無茶苦茶なアルバム制作に取り掛かるというお話です。

つまり、恋愛や結婚がぶっ壊れた男女がその情熱を音楽に注ぎ込む事で何だか元気になっていくという物語なのです。

 

 

▲ゲリラライブの舞台はニューヨークの街角。エンパイヤステートビルが見えるビルの屋上や、地下鉄のホーム、子どもたちが遊ぶ路地裏など時には街の喧騒をバックにレコーディング。

(C)2013 KILLIFISH PRODUCTIONS, INC. ALL RIGHTS RESERVED.

▲ゲリラライブの舞台はニューヨークの街角。エンパイヤステートビルが見えるビルの屋上や、地下鉄のホーム、子どもたちが遊ぶ路地裏など時には街の喧騒をバックにレコーディング。

主人公が傷を癒していく姿を見て、
僕たちも癒されていく。

 

きっとこれを読んでるママさんたちも、恋愛で傷ついた経験はあるでしょう。僕ですか? もちろんあります。

バイトをしないで彼女の家に入り浸っていたら、冷凍された食パン一斤を投げつけられ…「ちゃんと働いて!」と怒られたこともあります。

誰もがみんな恋愛で傷ついた経験があるんです。そして、今だって傷つくことはあるでしょう。旦那さんとたまには喧嘩することもあるだろうと思います。そして、その傷が癒えていくには、時間や友人、子どもたちの笑顔、音楽なんかが必要なんだ、と僕は思っています。

この映画には、その必要なこと全てが詰まっています。

主人公の2人は、立場こそ違えどガッツリと傷ついています。歌手として売れた彼氏は速攻で浮気…これまで一緒に音楽を作ってきたのにいとも簡単に捨てられた彼女と、長年連れ添った嫁に「離婚して新しい男と再婚しよう思う」と打ち明けられた男。

この2人は音楽を通して出会い、一緒にアルバムを作ることでお互いを癒しあっていきます。この、癒されっぷりがたまらないのですよ…それぞれが自分の傷を見つめて前に進もうとします。

恋人との別れを乗り越えたり、壊れかけていた家族が再生していったり…。その手助けになるのはやっぱり、時間や友人や子どもたちの笑顔や音楽なのです。気がつけば、この映画を観ている僕たちも、主人公2人の傷が癒えていくのを観ることで癒されていくのです。

 

BEGIN AGAIN

(C)2013 KILLIFISH PRODUCTIONS, INC. ALL RIGHTS RESERVED.                               ▲キーラ•ナイトレイの歌声が初々しい。このコラムの担当さんもこの映画が好きで、主題歌の「Lost Stars(ロスト・スターズ)」を出産中に聞いていたんだって!

 

名曲&名シーンがてんこ盛り!

 

とにかく音楽が天才的です。さすがアカデミー歌曲賞ノミネート作品。全ての曲が素晴らしい仕上がりです!

そしてこの映画、主人公2人は恋には落ちないくせに劇中で歌われる音楽は全て「恋愛」をテーマに歌われています。つまり色んな状況の恋の歌が満載なのです。歌詞もいちいちグッときます。この歳になってようやく恋の歌って物凄いヒーリング効果があるんだなぁとこの映画を観て気がついたほどです。

そしてキーラ•ナイトレイの歌声が素晴らしいんですよ…。素朴だけどあたたかい歌声で。彼女を裏切りスターダムにのし上がっていく彼氏役こそマルーン5のアダム•レヴィーン。役としてはクソ野郎ですが、歌声は神がかってます。圧倒的な歌唱力に感動をせざるを得ないのです。

素敵な音楽とストーリーが同時に楽しめる映画って、実はなかなかありません。そして、“偶然出会った二人が恋に落ちる!”という単純ストーリーではない。これこそ大人の恋愛映画じゃないでしょうか!

 

いい恋愛映画は、人を前向きにしてくれる特効薬!

 

恋愛映画は見たい。けど、若い男女が主人公の“胸キュン恋愛映画”じゃ満足できない。というか、あまり共感できない!とお悩みのママさんたち。この映画がお勧めでございます。

今回は素敵なママが主人公ではありませんが、頑張って前に進もうとする女性の強さや、過去を振り返らない潔さが描かれており、きっと、元気が出ちゃうと思います。

ちなみに、この映画の英語のタイトルは「Begin Again」。

直訳すると、再びはじまる、という意味ですね。主人公たちの再生の姿を観た後、やりたかったことを始めてみたり、昔好きだった音楽を聞いてみたり、パパとワイン片手に昔話に花を咲かせたり…何かがまたはじまること、間違いなしです!

 

IMG_0936

▲「僕も前進するのだ!」(By晴太朗)

 

[DVD Info]
『はじまりのうた BEGIN AGAIN』

hajimari_DVD_S

『はじまりのうた BEGIN AGAIN』デジタル配信中、監督:ジョン・カーニー/キャスト:キーラ・ナイトレイ、マーク・ラファロ、アダム・レヴィーン/価格:DVD ¥3800(本体)+税、Blu-ray ¥4700(本体)+税/発売・販売元:ポニーキャニオン/(C)2013 KILLIFISH PRODUCTIONS, INC. ALL RIGHTS RESERVED.

 

あなたにオススメの記事

ライフスタイルテーマ : 【映画】その他の記事

映画
もっと見る