注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

プロ棋士になりたい!夢に敗れた男が将棋界に奇跡をもたらす!『泣き虫しょったんの奇跡』

ライフスタイル

2018.09.10

メインDEF01428_s

(C)2018「泣き虫しょったんの奇跡」製作委員会 (C)瀬川晶司/講談社

 

藤井聡太七段(2018年9月現在)の大活躍により、将棋界がアツく盛り上がる中、『聖の青春』(主演:松山ケンイチ)、『三月のライオン』(主演:神木隆之介)に続く注目の将棋映画が誕生しました。映画『泣き虫しょったんの奇跡』では、プロ棋士になることを諦めた主人公が、再びプロを目指す奇跡の物語が描かれています。

 

『泣き虫しょったんの奇跡』

 

サブ5_DEF02767

(C)2018「泣き虫しょったんの奇跡」製作委員会 (C)瀬川晶司/講談社

原作は瀬川晶司五段の自伝的小説

 

プロ棋士になることは、とんでもなく大変なことなんだ!と改めて考えさせられる作品です。

 

藤井聡太七段のスピード出世や連勝記録はとても稀なことなのです。プロ棋士になるためには、新進棋士奨励会というプロ棋士養成機関に入ることが求められています。この奨励会に入るためには、四段以上のプロの推薦、さらに年に1度の試験に合格することが条件になっています。

 

サブ7_DSC06786

(C)2018「泣き虫しょったんの奇跡」製作委員会 (C)瀬川晶司/講談社

 

奨励会には170人ほどの会員がいるのですが、年齢制限もあります。21歳までに初段、26歳までに四段になれなかったら退会しなければならないのです。

 

この映画の主人公しょったんのモデルは、現在プロ棋士として活躍する瀬川晶司五段です。26歳で四段になれずに奨励会を退会、一度はプロ棋士になることを諦めたしょったんは、35歳で再びプロに挑戦することになります。プロ編入試験に合格し、将棋界に奇跡をもたらした実話が元になった物語です。

 

人の良さが将棋に出るしょったん

 

サブ9_DEF07451

(C)2018「泣き虫しょったんの奇跡」製作委員会 (C)瀬川晶司/講談社

 

松田龍平演じるしょったんは、とても穏やかでゆったりとした性格の持ち主。対局相手に「将棋に人の良さが出ている」とまで言われるほどなのです。そんな人の良さも手伝い、しょったんの周りには素敵な人たちが集まっています。

 

サブ3_8P5A9435

(C)2018「泣き虫しょったんの奇跡」製作委員会 (C)瀬川晶司/講談社

 

プロ棋士になるという厳しい道を選んだ息子を、あたたかく見守り応援し続けてくれる父親。将棋に熱中するちょっと内気なしょったんに、「しょったんはそのままでいい」と優しい言葉で包み込み、背中を押してくれた担任の先生。将棋の楽しさを改めて気付かせてくれた親友。個性あふれる奨励会の仲間たち。再びプロを目指すしょったんのために動いてくれる強力なサポーター。しょったんのプロ棋士への道は、魅力的な人々との出会いにも支えられています。

 

監督もプロ棋士を目指していた一人

 

サブ4_DEF02139

(C)2018「泣き虫しょったんの奇跡」製作委員会 (C)瀬川晶司/講談社

 

将棋映画に欠かせないのは、緊張感あふれる対局シーンです。将棋を指す手つき、駒を打つ音、ピンと張り詰めた空気感にグッと引き込まれます。実はメガホンを取った豊田利晃監督自身も、奨励会に所属しプロ棋士を目指していたという経歴の持ち主で、対局シーンには特にこだわりがあったそうです。対局シーンだけでなく、物語にリアルを感じるのは、プロ棋士になることを諦めた監督自身の経験が活かされているからかもしれません。

 

サブ2_EF09863

(C)2018「泣き虫しょったんの奇跡」製作委員会 (C)瀬川晶司/講談社

 

一度は諦めた夢を再び追いかけ、プロ棋士となる。結果的にはサクセスストーリーですが、辿ってきた道は平坦ではありません。だからこそ、「負ける」シーンがなんども描かれているのが印象的です。将棋では、どんなに強いプロ棋士であっても、勝負に負けた時には「負けました」と頭を下げて“負け”を認めなければなりません。

 

サブ1_DEF08387

(C)2018「泣き虫しょったんの奇跡」製作委員会 (C)瀬川晶司/講談社

 

負けたらそこで終わり!とならないのも将棋の魅力。負けは素直に認め、負けた理由を検証する。それが次の「勝ち」へと繋がっていくのです。負けても大丈夫、負けることでまた強くなれる。その積み重ねが、強いプロ棋士を育てているのかもしれません。

 

負けることは決して楽しいことではありません。しかし、負けても諦めない気持ちがしょったんに奇跡をもたらしたのです。ちょっと遠回りしたけど夢を叶えたしょったんの物語。飄々としたイメージの松田龍平の“泣き”のシーンにも注目してください。

 

[作品情報]

『泣き虫しょったんの奇跡』

◉原作:瀬川晶司「泣き虫しょったんの奇跡」(講談社文庫刊)

◉監督・脚本:豊田利晃

◉音楽:照井利幸

◉出演者:松田龍平 野田洋次郎 永山絢斗 染谷将太 妻夫木聡 松たか子 イッセー尾形 小林薫 國村隼

◉大ヒット公開中

◉公式サイト:shottan-movie.jp

(C)2018「泣き虫しょったんの奇跡」製作委員会 (C)瀬川晶司/講談社

文/タナカシノブ

あなたにオススメの記事

ライフスタイルテーマ : 【映画】その他の記事

映画
もっと見る