注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

ヒモメンの窪田正孝が真面目に働いてる!? 兄弟・姉妹の愛憎劇『犬猿』がヤバい

ライフスタイル

2018.08.31

kenen_BDSJK

(C)2018「犬猿」製作委員会

 

兄弟・姉妹は、家族でありながら、親子とはちょっと違う独特の感情を持つ関係ですよね。好きだけど、キライ、一緒にいたいけれどウザったいなど、複雑な気持ちが同時に沸き起こったりするものです。「兄弟なんだから…許しちゃいなよ」とこちらが言えば、「兄弟だからこそ…許せない!」、こんな会話が繰り広げられるのも兄弟ならではという感じですよね。

 

今回ご紹介する『犬猿』には見た目も性格もまるで違う、兄弟・姉妹が登場します。現在放送中のドラマ『ヒモメン』では爽やかなヒモ男を演じている窪田正孝が、本作では真面目で優しい(実は計算高い)サラリーマンを演じています。働く男と働かない男のギャップも楽しめちゃいます。

 

兄弟・姉妹は犬猿の仲!

 

登場するのは金山兄弟と幾野姉妹。窪田正孝演じる金山和成は、真面目で優しいイケメン、印刷会社でバリバリ働く営業マンです。新井浩文演じる兄の金山卓司は、強面で気性の激しい性格。しかも、強盗の罪での服役を終え、弟・和成のアパートに転がり込んでくるという問題児の匂いプンプンな役どころです。関わらない方がいいかも…と思わせる雰囲気を漂わせています。

 

一方の幾野姉妹は印刷会社を営んでおり、お笑いコンビ・ニッチェの江上敬子演じる姉の由利亜は賢くてしっかり者、筧美和子演じる妹の真子はルックスが良くてチヤホヤされがちだけど、鈍臭くておバカという姉妹です。由利亜は営業マンの和成に密かに想いを寄せています。見た目も性格も全く違う兄弟・姉妹がどのように絡んでいくのでしょうか?

歪んでいく兄弟・姉妹関係

 

メインカットS

(C)2018「犬猿」製作委員会

 

和成はワルな兄・卓司のことを「ダメ男」と見下しています。はっきりと態度に見せないところがこれまた厄介なところなんです。ひょんなことから、新しく始めた事業が大成功し、金回りが良くなった兄・卓司の今を素直に喜ぶことができません。

 

和成は借金の連帯保証人となった父親のために毎月コツコツ貯金をし、安い給料の中から両親にお金を渡してきました。それを卓司が一括返済してしまいます。借金の悩みは消えても、兄の成功を認めたくない気持ちが溢れてくるのです。一方の兄は、一括返済をしたのは自分なのに両親が頼るのは弟の和成という現状に寂しさを感じています。

 

幾野姉妹もお互いにコンプレックスがあります。由利亜は真子を見た目だけの女、中身は空っぽと見下しています。しかし見た目だけと言われる自分に嫌気がさしている妹の真子は、頭が良くて何でもできるしっかりものの由利亜を羨ましいと思っているのです。この兄弟・姉妹は、お互いの長所・短所を知り尽くしているにも関わらず、素直に認められない歪んだ関係なのです。

口を開けば悪口ばかり!好きだけど…キライ!

 

繧オ繝輔y2_DSC0423s

(C)2018「犬猿」製作委員会

 

兄弟、姉妹間ではいいところをわかっていても素直に褒められないのに、顔を合わせれば衝突ばかりしてしまいがち。口を開けば出てくるのは悪口ばかりなのです。和成と真子の会話でも兄や姉についての不平不満が次々と出てくるのですが、自分以外の人間が兄や姉の悪口を言うのは許せないようなのです。

 

ある出来事をきっかけに、兄弟姉妹の秘密が明らかになり、険悪なムードが漂います。救急車も出動して(しかも2台!)、雲行きがあやしくなります。ドタバタしながらも結局最後は仲直り?な雰囲気になったと思わせながら、ちょっとしたことで空気が変わる金山兄弟と幾野姉妹。兄弟・姉妹は一生こんな関係が続くのでしょうか?

 

笑って泣ける兄弟・姉妹「あるある」

 

他人には絶対見られたくない、指摘されたくないことってありますよね。例えば、弟・和成は一見優しくて真面目なのに、実は計算高くてズルさも持ち合わせていますし、妹・真子には、周りがチヤホヤする外見を持ちながら、グラビアの仕事をゲットするために枕営業をしてしまうという愚かさがあります。

 

兄弟・姉妹という関係で描いているからこそ、通常他人には見せない部分が映像として表現されストレートに伝わってきます。そこは隠しておきたいのに…が通じない関係、それが兄弟・姉妹というわけです。リアルだからこそ、心から笑って泣ける作品です。

 

兄弟・姉妹がいる方は「あるある」として共感でき、一人っ子の方は「めんどくさいけど、愛おしい関係」を覗き見できる映画『犬猿』。抜群の存在感を放っているニッチェ・江上の演技は必見です。

 

[作品情報]

『犬猿』

◉発売元:東映ビデオ

◉販売元:東映

◉発売日:発売中

◉価格:通常版 DVD 3,800 円+税、ブルーレイ 5,300 円+税

(C)2018「犬猿」製作委員会

文/タナカシノブ

あなたにオススメの記事

ライフスタイルテーマ : 【映画】その他の記事

映画
もっと見る