注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

映画『悪と仮面のルール』玉木宏が魅せる究極の愛

ライフスタイル

2018.08.14

KIXF564_jk

(C) 中村文則/講談社 Ⓒ2017「悪と仮面のルール」製作委員会

 

イイ男には“悪”がよく似合う!

 

今回ご紹介する『悪と仮面のルール』での玉木宏は、爽やかでも、コミカルでもありません。悪の佇まいがよく似合うダークな役どころです。愛する人のために殺人を繰り返す男の“究極の愛”の物語をご紹介します。

 

映画『悪と仮面のルール』のあらすじ


 

悪になるために生まれた男

 

玉木宏演じる久喜文宏は、11歳の時に父親から衝撃の事実を告げられます。それは、自分が絶対的な悪、つまり、“邪”となるべく作られた人間であるということです。さらに、父親は文宏を完全な邪とするために、文宏の初恋の相手・香織(新木優子)に危害を加えようとします。この父親、文宏を完全な邪とするためには手段を選びません。愛する人を守るため、文宏は父親を殺して失踪してしまいます。

 

それから十数年後、文宏は顔を変えて“新谷弘一”としてまったく別人として生きることとなります。自分の過去はすべて捨て去って…。しかし、愛する人を守る人生は顔を変えても続いていきます。文宏は、香織を守るためさらに悪に手を染めることを決意するのですが…。

 

無表情な玉木宏は目で語る!

 

HiroshiTamaki

(C) 中村文則/講談社 Ⓒ2017「悪と仮面のルール」製作委員会

 

“邪”になる運命を背負っている、つまり、世間を悪に染める使命がある家系に生まれたのが文宏というお話がベースになっています。自らが悪になるだけでなく、なかなかの凶悪者からも狙われちゃったりします。“悪”が溢れる環境から逃れられない!という感じなのです。

 

冒頭から、クールな玉木宏が拝めます。整形手術後に自分の顔を鏡で確認するその瞳からは感情がまったく感じられません。自分の顔(といっても整形した顔なのですが)なのに、まったく他人の顔を眺めるように見つめるのです。無表情ですが、整形すること、つまり仮面をかぶることにより別人となって生きていくことを決意した強い意志は、その瞳から十分に読み取ることができます。

 

HiroshiTamaki

(C) 中村文則/講談社 Ⓒ2017「悪と仮面のルール」製作委員会

 

この作品の見どころは、感情を表に出さないダークな雰囲気を漂わせる玉木宏です。表情がないからこそ、手の動き、佇まい、声の変化、歩き方、そして、目線などから文宏の心を読む必要があります。どんな些細な動きも見逃してはいけない!と気づけば画面を食い入るように見ちゃいますよ。

 

原作者は海外でも人気の中村文則

 

movie20180814

(C) 中村文則/講談社 Ⓒ2017「悪と仮面のルール」製作委員会

 

原作は、『土の中の子供』(2005年)で芥川賞を受賞した人気作家の中村文則の小説『悪と仮面のルール』。この作品、原作もおすすめで読み応えがあります。文庫版でも380Pを超えるたっぷりボリュームなので、読破にはちょっぴり気合が必要です。

 

中村文則は海外でも人気が高く、2012年には、なんとウォール・ストリート・ジャーナル紙で『掏摸(スリ)』の英訳版『The Thief』がベスト10小説にも選ばれ、2014年にはアメリカでDavid L.Goodis賞も受賞しています。まだ小説を読んだことがない!という方は、中村文則の描く世界観を知るために、まずはこの映画からとしてみるのもいいかもしれません。

善なのか悪なのか、それとも…

 

HiroshiTamaki, YukoAraki

(C) 中村文則/講談社 Ⓒ2017「悪と仮面のルール」製作委員会

 

“邪”になる運命に抗う文宏ですが、相手が悪であれ、殺人という罪を犯してしまいます。人を殺すことは悪ですが、それが誰かを守るためであれば善になることもありますよね。作品を見ていると、何度も「善とは?」「悪とは?」という問いを突きつけられる気がします。文宏が自分の心を隠し、罪を重ねるわけですが、それを完全に“悪”と言い切れないのは、そこに“愛”があるからです。

 

文宏の愛は報われるのでしょうか?文宏がその仮面を外し、心を見せる日は来るのでしょうか?文宏の愛の行方を見届けてみましょう。

 

RyoYoshizawa

(C) 中村文則/講談社 Ⓒ2017「悪と仮面のルール」製作委員会   

 

そして!この作品にはもう一人、見逃せないダークなイケメンが登場しています。吉沢亮演じる伊藤亮裕は、必見!目の保養におすすめです。本作では爽やか系は封印し、ちょっとやさぐれた感じのキャラクターで登場します。伊藤と文宏の共通点、若さゆえの伊藤の行動などにも注目してください。出番は少ないのですが、インパクトはかなりあります。キラキラした瞳ではなく、まったく笑っていない冷めた目の吉沢亮も見応えありますよ。

 

全編を通して、ダークなトーンで描かれる独特の世界観がありながらも、ベースに“愛”が流れていることで、恋愛ものとしても楽しむことができます。善なのか悪なのか。その答えは簡単に出せそうに見えるのに、はっきりと正解が出せない。そんなもどかしさを感じながら、ダークなイケメン姿に酔いしれましょう。

 

[作品情報]

『悪と仮面のルール』Blu-ray&DVD

◉発売日:2018年8月8日

◉発売・販売元:キングレコード

◉価格:

Blu-ray:¥4,800+税 / 初回限定盤DVD:¥4,800+税 / DVD:¥3,800+税

◉(C) 中村文則/講談社 Ⓒ2017「悪と仮面のルール」製作委員会   

文/タナカシノブ

あなたにオススメの記事

ライフスタイルテーマ : 【映画】その他の記事

映画
もっと見る