注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

赤いシューズで踏み出そう!小粋なフレンチ・ミュージカル『ジュリーと恋と靴工場』

ライフスタイル

2018.08.02

julle-DVD_JK_SELL

© 2016 LOIN DERRIÈRE L’OURAL – FRANCE 3 CINÉMA – RHÔNE – ALPES CINÉMA

 

近年、ミュージカル映画が熱いんです。

 

うだるような暑さが続く夏の日こそ、歌って踊って嫌な気分を吹き飛ばしちゃいましょう!ということで、今回ご紹介するのは、フランスからやってきた可愛らしいミュージカル映画『ジュリーと恋と靴工場』です。働く女性必見!フランスの田舎町の靴工場で「戦う女」たちが繰り広げる仕事と恋と人生の物語です。

 

恋も仕事もうまくいかない!

 

m0000000937_dvd_sub3

© 2016 LOIN DERRIÈRE L’OURAL – FRANCE 3 CINÉMA – RHÔNE – ALPES CINÉMA

 

主人公のジュリー(ポーリーヌ・エチエンヌ)は、恋も仕事もうまくいかない25歳。恋人にはフラれるし、正社員を目指した会社では、試用期間後に餞別として売り場の赤いスニーカーを渡されただけ。今度こそ!と意気込んで求人広告で探し当てたのは、老舗高級靴メーカーの工場でした。ここで仮採用となったジュリーは、今度こそ社員に!と気合を入れて働き始めます。

 

恋の予感も感じ始め、人生がうまく動き出す!と思った矢先、またもや不運が訪れます。靴工場は、コスト削減のため中国に生産拠点を移転、閉鎖の危機に陥ってしまうのです。恋も仕事もなかなかうまくいかない!ジュリーの人生はどうなってしまうのでしょうか。

マイペースなジュリーと行動力あるスタッフたち

 

m0000000937_dvd_sub4

© 2016 LOIN DERRIÈRE L’OURAL – FRANCE 3 CINÉMA – RHÔNE – ALPES CINÉMA

 

正社員になりたい!という気持ちはありながらも、いたってマイペースなジュリー。それに対し、靴工場のスタッフたちは、自らの権利を守るためにパリ本社の社長に直談判するほどの行動力があります。ジュリーがパリ行きのバスに乗ったのも自分の意思ではなく、ちょっと気になる運転手のサミーに誘われたから。その場の流れに身をまかせる傾向があるようで、自ら動く!という意識は見受けられません。

 

Tシャツにポニーテール、ナチュラルな雰囲気のジュリーらしい行動といえばらしいのですが、ジュリーが自分の意思で立ち上がる、新たな一歩を踏み出す日は来るのか!というのも作品の見どころになっています。

真っ赤なフラットシューズ「戦う女」

 

m0000000937_dvd_sub5

© 2016 LOIN DERRIÈRE L’OURAL – FRANCE 3 CINÉMA – RHÔNE – ALPES CINÉMA

 

工場閉鎖を阻止するべく、熟練の靴職人たちは立ち上がります。老舗靴メーカーには「戦う女」というヴィンテージモデルがあります。フランス職人の手によって、一足一足丁寧に作り上げられる真っ赤なフラットシューズ「戦う女」は、繊細で軽やか。柔らかいのにしっかりしている、フラットなのに女らしさが漂います。自らの権利や居場所を守るために戦う女性たちそのものなのです。

 

m0000000937_dvd_sub1

© 2016 LOIN DERRIÈRE L’OURAL – FRANCE 3 CINÉMA – RHÔNE – ALPES CINÉMA

 

作品の一番の見せ場は、女性たちが鮮やかな「戦う女」を履いて踊る場面です。華やかで艶やかなエナメル素材、軽やかな足取りになる女性らしいフラットシューズ。いわゆる、ハイヒールやピンヒールではないところは、現代の女性らしさを象徴していると言えるでしょう。

ジュリーの人生が動き出す!

 

m0000000937_dvd_main

© 2016 LOIN DERRIÈRE L’OURAL – FRANCE 3 CINÉMA – RHÔNE – ALPES CINÉMA

 

「戦う女」という特別な靴、それを作る職人たちとの出会いにより、ジュリーは自分の人生や恋について考え直すようになります。伝統の技を守り抜こうとする先輩女性たちに見守られながら、ジュリーが踏み出す新しい一歩はどのようなものになるのでしょうか。

 

m0000000937_dvd_sub2

© 2016 LOIN DERRIÈRE L’OURAL – FRANCE 3 CINÉMA – RHÔNE – ALPES CINÉMA

 

正社員になりたい、素敵な恋をしたいと願いながらも、どこか流れに身をまかせるままという姿勢だったジュリーが、自ら自分の人生を見つめ直し、自分で選択した人生を自分の足で進んでゆく。厳しい現実というテーマがありながらも、ジュリーの人生何かいいことが起こりそう!と前向きな気持ちになれるのは、軽やかで可愛らしいミュージカル仕立てのおかげ。

 

強さやたくましさ、華やかさに可愛らしさ。現代を生き抜く女性として備えておきたい要素がたっぷりと詰まった小粋なフレンチ・ミュージカルを、ご堪能あれ。

 

[作品情報]

『ジュリーと恋と靴工場』

◉発売日:2018年4月3日

◉税抜価格:税抜:3,800円(税込:4,104)

◉発売元:ギャガ

◉販売元:ギャガ

◉© 2016 LOIN DERRIÈRE L’OURAL – FRANCE 3 CINÉMA – RHÔNE – ALPES CINÉMA

文/タナカシノブ

あなたにオススメの記事

ライフスタイルテーマ : 【映画】その他の記事

映画
もっと見る