注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

SNSで叩かれないためにも!? エマ・ワトソン×トム・ハンクス『ザ・サークル』

ライフスタイル

2018.07.30

m0000000897_dvd_bj2

© 2017 IN Splitter, L.P. All Rights Reserved.

 

Facebook、Twitter、Instagramなど。自由に楽しく情報発信ができる手軽な情報ツールですが、批判、誤解、炎上を招き、投稿削除やアカウント削除にまで繋がることもしばしば。毎日SNSに関する話題には事欠きません。

 

今回ご紹介する『ザ・サークル』は、SNSとどう向き合っていくべきかを考えさせられる映画です。

 

退屈な毎日が一転!SNSで人生が変わる?!

 

THE CIRCLE

© 2017 IN Splitter, L.P. All Rights Reserved.

 

エマ・ワトソン演じるメイは、地元で派遣社員として働いています。カレン・ギラン演じる親友のアニーは、大人気SNS企業「サークル」で働き、キラキラと輝いています。毎日はとても退屈、冴えない自分にうんざりしていたある日、アニーからサークル社への入社試験をすすめられます。

 

憧れの企業へ入社し、刺激的な毎日を送るメイ。仕事内容は自分がイメージしていたのとはちょっと違うけれど、頑張り屋さんのメイは徐々に同僚からの信頼を得て、さらには、トム・ハンクス演じる経営者のベイリーの目にも留まるようになります。

 

m0000000897_dvd_main

© 2017 IN Splitter, L.P. All Rights Reserved.

 

そんなメイの人生が大きく変わる出来事が発生!サークル社の新サービスの実験モデルに選ばれるのです。それは超小型高性能ワイヤレスカメラを使って、自分を24時間ライブ配信するというもの。みなさんならこの実験モデル、引き受けますか?

SNSの「あるある」に共感

 

THE CIRCLE

© 2017 IN Splitter, L.P. All Rights Reserved.

 

この映画の見どころのひとつに「あるある」があります。SNS疲れしている人、SNSを面倒に感じている人は、「わかる!」となるシーンが多く登場するのです。例えばメイが働くサークル社は、何かと社員同士が繋がりたがります。平日の終業後はもちろんのこと、休日までも…。社員同士のコミュニケーションはとても大切ですが、参加するだけならまだしも、ライブ配信したり投稿することがマストとされているのです。

 

THE CIRCLE

© 2017 IN Splitter, L.P. All Rights Reserved.

 

プライベートの時間を社員と一緒に過ごす。自分だけの時間を大切にする人間にとっては、なかなか難しい課題ですよね。SNS企業で働いているのだから、自社のツールを活用していこう!という姿勢もわからなくもありません。実際、サークル社で働く人たちは、この環境を楽しんでいるようなのです。最初はちょっと面倒と思っていたメイも、「いいね」が増えていくことに少しずつよろこびを感じ始めます。

 

こういったシーンに共感できるかできないかは、日頃のSNSとの向き合い方が反映されるかもしれません。

家族の秘密がネットに流出!

 

THE CIRCLE

© 2017 IN Splitter, L.P. All Rights Reserved.

 

ちょっと面倒なSNSが、これは怖いかも…という見方に変わる事件が、24時間ライブ配信するメイの周りで起こり始めます。両親の夜の生活を晒してしまったり、親友を傷つけるキッカケを作ってしまったり。「わざとじゃない」と言われても、被害を受けた方は黙ってはいられません。

 

親友はメイにアドバイスすべくサークル社に乗り込むのですが、その場面さえもスマホ片手にライブ配信するサークル社の社員たち。「こういうシーン見たことあるかも」と既視感を覚えます。

 

SNSで大切な人を失いかける状況になったメイですが、このまま会社を辞める、SNSをやめるという流れにはなりません。ここから、メイの反撃が始まります。サークル社に隠された秘密を暴くという大胆な行動に出るのです。

 

トム・ハンクスの表情に注目!

 

m0000000897_dvd_sub1

© 2017 IN Splitter, L.P. All Rights Reserved.

カリスマ経営者ベイリー演じるトム・ハンクスは見応え十分!さすがという演技を見せてくれます。斬新なアイデアで、世の中をどんどん良くしていきたいと考えているすごい人に見えるのですが、プレゼンシーンで見せるニヤリ顔は怪しすぎ。隠し事はダメ、透明化こそが社会を良くすると言いながら、自身が一番不透明な存在である点も、ベイリーらしいところ。他人の秘密はどんどん公開するのに、自分のことは非公開なのですから…。

 

SNS自体は、悪ではありません。使い方さえ間違えなければ、便利で楽しいツールなのです。しかし、SNSとの付き合い方をひとつ間違えると、このニヤリ顔の経営者の餌食になってしまう!という怖さも感じるトム・ハンクスの気味の悪さを、ぜひ堪能してください。

 

ラストは観た人の解釈に委ねられるというモヤモヤ系ですが、だからこそ、それぞれがSNSとの向き合い方を考えなければならないと実感させられます。「いいね」のために、どこまでさらけ出せますか?

 

[作品情報]

『ザ・サークル』ブルーレイ

◉発売日:2018年4月3日(火)

◉発売・販売元:ギャガ

◉ブルーレイ価格:¥4,800 (税抜)

◉© 2017 IN Splitter, L.P. All Rights Reserved.

文/タナカシノブ

あなたにオススメの記事

ライフスタイルテーマ : 【映画】その他の記事

映画
もっと見る