注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

『未来のミライ』公開記念!細田守フィルムフェスティバルが今日から開催!

ライフスタイル

2018.07.28

2ショット写真

この日上映された『サマーウォーズ』のポスターと一緒に。

 

7月20日(金)より全国公開となった細田守監督最新作『未来のミライ』。甘えん坊の4歳の男の子「くんちゃん」と、未来からやってきた妹の「ミライちゃん」が繰り広げるちょっと変わった“きょうだい”の物語です。

 

夏の注目映画『未来のミライ』の公開を記念して、7月28日(土)から8月24日(金)の約1ヶ月間にわたり、東京・角川シネマにて「細田守フィルムフェスティバル」が開催されます。この特集では、『時をかける少女』(2006年公開)、『サマーウォーズ』(2009年公開)、『おおかみこどもの雨と雪』(2012年公開)、『バケモノの子』(2015年公開)、そして細田監督が東映アニメーション時代に手がけた『デジモンアドベンチャー ぼくらのウォーゲーム!』の全5作品が上映されます。

 

『未来のミライ』公開前夜となる7月19日(木)に開催された「『未来のミライ』見る前にあの名作を観よう!スペシャル上映会」には、細田守監督の登壇が急遽決定!細田監督作品の大ファンでアニメ大好きなニッポン放送アナウンサー・吉田尚記さんがMCを務め、上映会後のトークショーを盛り上げました。

 

最高画質での上映にニッコリ

 

イベント写真1

トークショーに登壇した細田監督とMCの吉田アナ

この日上映されたのは、『劇場版デジモンアドベンチャー ぼくらのウォーゲーム!』と『サマーウォーズ』 の2作品。上映後にステージに登場した細田監督は、「今回の上映はとても貴重な機会です。今、一番の最高画質です。綺麗な画面で観ることができてよかったです」とにこやかな笑顔を見せていました。

 

『劇場版デジモンアドベンチャー ぼくらのウォーゲーム!』と『サマーウォーズ』の共通点は?という質問に、「作品のモチーフは違いますが、連続性はあります。例えば、子供が見ている不思議な世界の可視化、デジモンから続く爽快感などですね」と答える監督。それは、最新作『未来のミライ』にも通じるものがあるのだそう。

『未来のミライ』は子供時代をもう一度体験できる!

 

イベント写真2

最新作と過去作品との共通点を熱く語る細田監督

最新作『未来のミライ』については、「主人公が4歳児ということで、一体誰に向けての作品になるの?という意見がありました」と振り返り、続けて「小さい子を入り口にした映画は十分にあり得ると思うし、いいものができるという確証があるんです」と説明。続けて、「『未来のミライ』は子供から見た世界を描いています。その目線で描くことで、子供時代をもう一度体験できた作品です」と解説していました。

 

最後の挨拶では、「最新作『未来のミライ』公開前にデジモンとサマーウォーズを一緒に楽しめるとは思っていませんでした。作品を世に送り出す時はいつもドキドキしています。『未来のミライ』もこれまでの作品のように、みなさんと良い出会いをしてくれたらいいなと思っています。もうすぐ生まれる『未来のミライ』もお客さんとずっといい関係を築いていってほしいと願っています」と優しい笑顔でアピールしていました。

 

イベント写真3

プレゼント抽選会での細田監督

「細田守フィルムフェスティバル」開催期間中の8月4日(土)には、『時をかける少女』で主題歌&挿入歌を担当した奥華子のトーク&ミニライブ付きイベントの開催が決定しています。ライブで細田作品を彩る楽曲が聴ける貴重な機会をぜひ、お見逃しなく!

細田守FF_ポスター_cc2014_OL

「細田守フィルムフェスティバル」のポスタービジュアル

 

会期中には「細田守監督フィルムワークスギャラリー」も同時開催されるので、上映とあわせて細田守が描く世界を存分に堪能しちゃいましょう。

[イベント情報]

「細田守フィルムフェスティバル」

◉劇場:角川シネマ新宿(東京都新宿区新宿3-13-3 新宿文化ビル4階)

◉開催期間:7月28日(土)~ 8月24日(金)

◉入場料金:

『時をかける少女』/『サマーウォーズ』/『おおかみこどもの雨と雪』/『バケモノの子』▷1,000円

『劇場版デジモンアドベンチャーぼくらのウォーゲーム!』▷800円

◉角川シネマ新宿:kadokawa-cinema.jp

◉<角川シネマ新宿5階で 「細田守監督作品フィルムワークスギャラリー」も同時開催(入場無料)>

取材・文/タナカシノブ

あなたにオススメの記事

ライフスタイルテーマ : 【映画】その他の記事

映画
もっと見る