注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

『勝手にふるえてろ』松岡茉優の妄想癖に共感!?

ライフスタイル

2018.07.08

映画『勝手にふるえてろ』DVDパッケージ

©2017映画「勝手にふるえてろ」製作委員会

 

突然ですが…、みなさんは妄想はお好きですか?

今回ご紹介する映画『勝手にふるえてろ』は、人にはあまり言えないけれど、実は誰もが一度はやったことがあるであろう「妄想恋愛」にどっぷりハマっている、“こじらせ女子”が主人公のお話です。側から見るとイタイ女子なのですが、「やばい、刺さる」「あれ?私のこと?」と思えるポイントがあちこちに散りばめられていますよ。

 

映画『勝手にふるえてろ』とは?


彼氏じゃない二人の男の間で揺れる!

 

松岡茉優演じる主人公のOLヨシカには二人の男がいます。といっても、両方とも彼氏ではありません。一人は高校時代からずっと片思いし続けている北村匠海演じるイチ。ヨシカの理想の王子様です。もう一人は、ヨシカに告白して来た渡辺大知演じる同僚のニ。告白は嬉しかったものの、はっきり言って好みのタイプではありません。

 

どちらもまだ彼氏ではないのに、「結婚を約束したとしても、イチが心変わりしたらどうしよう」「結婚するなら二番手とする方が気楽かな」などと妄想をしまくっています。二人の男への気持ちは平等ではありません。ヨシカにとって、一番はイチ、二番がニなのです。

 

あるトラブルをきっかけに「死ぬまでにもう一度、イチに会いたい」という気持ちが沸き起こったイチカは同窓会を計画し、イチとの再会を企てます。10年の片思いが花を咲かせる日はやってくるのでしょうか…。

再会した王子様の現在は…

 

映画『勝手にふるえてろ』場面写真1

©2017映画「勝手にふるえてろ」製作委員会

同窓会。響きだけでも、なんだかワクワクドキドキしてしまいますよね。大好きだった男の子が、すっかり変わってしまってガッカリ…というパターンもあれば、恋い焦がれていたあの頃のまま、王子様状態をキープ!というパターンもあります。とはいえ、主人公のヨシカは24歳という設定なので、それほどショッキングな変化には遭遇しないお年頃なのです。

 

さて、ヨシカの王子様の現在はというと…。王子様のまま、かっこいいままのイチだったのです。ヨシカにとって、片思いはつらいものではありません。だって、自分の都合のいいように妄想しまくれるのですから。相手さえいれば、いつでも恋が成就しなくてもハッピー街道まっしぐらなのです。

 

「やっぱりイチが好きー!!!」

 

と脳内お花畑状態になったヨシカ。10年越しの片思いが動き出す?!と思いきや、イチとヨシカの間には昔と同じように見えない壁があるようです。

二番手じゃ満足できない?

 

映画『勝手にふるえてろ』場面写真2

©2017映画「勝手にふるえてろ」製作委員会

恋愛するなら一番好きな人と、結婚するなら二番目に好きな人と。と言われているように、この作品にも二番手が登場します。イイやつなんです、とても。でも、ヨシカの好きは絶対で、イチを超えることはできません。でも、ヨシカの愛するイチってヨシカが妄想の中で理想化しちゃってるイチ。本当のイチの姿ではありません。ここが困ったところなんです。

 

「冷静になって!」とアドバイスしたいところですが、イチへの想いを再確認したヨシカにこの声は届きません。また、二番手の男・ニの愛情がリアルでグッと来ます。いくつかの恋愛を経験して来た人なら、「選ぶならニ」とすぐにわかるのですが…。ヨシカのようなイタさはないものの、「好きだ!」とグイグイ攻めてくるニのウザさにも注目してください。

 

 

脳内恋愛脱出!現実恋愛へ目を向ける?!

 

映画『勝手にふるえてろ』場面写真3

©2017映画「勝手にふるえてろ」製作委員会

妄想恋愛の世界にどっぷりとはまっているヨシカが、いつまでも王子様を追い続ける物語…で終わらないのが、この作品の面白さです。ヨシカは王子様・イチとの再会をきっかけに、脳内恋愛の限界を知ることとなります。

 

“WELCOME TO 現実世界!”

 

脳内恋愛の魔法がとけ、現実の恋愛へと目を向けるようになります。王子様、ツンデレ、ちょっと寂しげなど、女心をくすぐりまくるキャラクターのイチは有無を言わさぬ魅力に溢れています。こんなキラキラ男子を前にして「興味ない」というのはなかなか難しいものです。一方のニは、最初はちょっとウザめなのですが、徐々にイイ男に見えて来ます。「あれ?実はかなりイイ男?」って思わせるシーンがたくさん登場します。

 

脳内恋愛を脱出し、現実の世界でイチとニ、二人の男に向き合うことを決めたヨシカは、いったいどちらの男を選ぶのでしょうか。王子様も所詮人間ということに気付いたとき、「好き」の魔法も消えてしまうのでしょうか。ヨシカ演じる松岡茉優のハマりっぷりを楽しみながら、ときには共感しながらヨシカの恋愛の行方を見届けてください。

 

「あー、わかる」と感じるポイントがひとつでもあれば、ヨシカの妄想ワールドを思いっきり堪能できるはず。ヨシカに負けない!という妄想恋愛経験アリの方は、ご自身の妄想恋愛と比べながら観てもおもしろいかもしれません。

 

[作品情報]

勝手にふるえてろ

◉発売日:発売中

◉価格:(Blu-ray通常盤)¥4800+税

◉発売・販売元:ソニー・ミュージックマーケティング

◉©2017映画「勝手にふるえてろ」製作委員会

文/タナカシノブ

あなたにオススメの記事

ライフスタイルテーマ : 【映画】その他の記事

映画
もっと見る