コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

犯罪に使われたのは子どもの声?あの昭和の大事件の真相とは…

ライフスタイル

2020.11.13

©2020「罪の声」製作委員会

 

未解決のまま時効となった昭和の大事件をモチーフに、事件の真相と犯人像に迫る社会派サスペンス、映画『罪の声』。運命に導かれるかのように出会った2人の男を、小栗旬、星野源が演じています。

映画『罪の声』


脅迫テープに残された男児の声は……

©2020「罪の声」製作委員会

 

京都でテーラーを営む曽根俊也(星野源)が父の遺品の中に見つけたカセットテープ。なんとなく再生してみると、幼い頃の自分の声が。しかしそれは、35年前に日本中を震撼させた食品会社脅迫事件で、犯人グループが使用した脅迫テープとまったく同じ声だったのです。

 

©2020「罪の声」製作委員会

 

一方、昭和の未解決事件企画のために取材を重ねる日々を送る新聞記者の阿久津英士(小栗旬)には、どうしても気になることがありました。それは、犯人グループの脅迫テープに3人の子どもの声が使用されていたこと。

 

やがて2人は運命に導かれるように出会い、衝撃の真相を明らかにしていきます。

 

1 / 3 ページ

KEYWORDS関連キーワード

あなたにオススメの記事

ライフスタイルテーマ : 【映画】その他の記事

映画
もっと見る