コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

「特別養子縁組」を通して“本当の親子”の意味を問う映画『朝が来る』

ライフスタイル

2020.10.17

©2020「朝が来る」Film Partners

 

ドキュメンタリーとフィクションの枠を超え、一貫して「リアリティ」を追求した映画づくりにこだわり続けてきた河瀨直美監督。その待望の最新作では、直木賞作家・辻村深月さんのヒューマンミステリー小説『朝が来る』の映画化というミラクルが実現!

 

世界的に見れば、日本は後進国だといわれる「特別養子縁組」をテーマに、その「どこにでもある、ごく普通の家族」の物語にふれて、親になること、夫婦の絆とは何かを改めて考えさせられる作品です。

 

“実子ができなかった”夫婦と、“育てられなかった”少女との出会い

結婚して、望めば子どもができる。最初は誰でもそう信じているのではないでしょうか。

 

物語の主人公・栗原佐都子(永作博美)と清和(井浦新)もそんな微笑ましい夫婦でした。しかし、思いがけないことに清和が“無精子症”だと診断されます。以来、不妊治療を受け、顕微授精を行うも新たな命を授かることはなく…。そんななか、ドキュメンタリー番組で「特別養子縁組」の制度を知り、やがてふたりはNPO法人「ベビーバトン」を通じて養子を迎える決意をします。

 

「この子のお母さんに会ってみます?」ベビーバトンの代表・浅見静恵(浅田美代子)にそう言われて、ふたりが会った「お母さん」は、あどけなさが残る14歳の片倉ひかり(蒔田彩珠)でした。

 

©2020「朝が来る」Film Partners

 

それから6年。息子の朝斗(佐藤令旺)を大切に慈しみ育ててきた佐都子と清和のもとに、片倉ひかりと名乗る女から「子どもを返してください。それがダメならお金をください」という不審な電話がかかってきます。

 

数日後、栗原家にやって来たのは、荒んだ表情の見知らぬ女でした。「あなたは誰ですか?」と驚くふたり。この女は何者なのか、そして本当の目的は…?

 

>>NEXT 河瀨監督の「リアリティの追求」がハンパない! 

1 / 3 ページ

あなたにオススメの記事

ライフスタイルテーマ : 【映画】その他の記事

映画
もっと見る