注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

家計のやりくりの参考に?!仇討ちだってお金がかかる!『決算!忠臣蔵』

ライフスタイル

2020.01.08

©︎2019「決算!忠臣蔵」製作委員会

 

「忠臣蔵」と言えば、年末の時代劇の定番です。これまで数多くの映画、ドラマ、舞台、歌舞伎などで上映・上演され、多くの日本人に愛され続けてきました。本作は、誰もが知る赤穂浪士の吉良邸討入りの物語を、「お金」にスポットを当てて描いています。

 

一家の財布を預かる主婦に役立つ?!情報もあるかもしれません。

映画『決算!忠臣蔵』


「お金が足りない!」大石内蔵助の悩みは“金欠”

︎©︎2019「決算!忠臣蔵」製作委員会

 

堤真一演じる大石内蔵助は、いつも金欠に悩まされています。何をするにも、金、金、金。とにかくお金がかかるのです。原作は、江戸時代研究の第一人者、東大教授の山本博文による『「忠臣蔵」の決算書』。大石内蔵助が実際に残した決算書を元に、「お金」の面から討入りの計画を描いた作品です。

 

赤穂藩藩主・浅野内匠頭が吉良上野介に斬りかかったことが原因で、幕府は「赤穂藩お取り潰し」と「浅野内匠頭の切腹」を命じます。赤穂藩お取り潰しにより、残務整理に励む一同。岡村隆史演じる幼馴染の勘定方・矢頭長助は、冷静に赤穂藩の現状を見つめ、ひたすら節約、節約で大石内蔵助を支えます。この幼馴染二人の友情も見どころのひとつですよ。

 

︎©︎2019「決算!忠臣蔵」製作委員会

 

節約の努力もむなしく待ち受けていたのは、御家再興の道は閉ざされるという絶望的状況。最後の希望として残るのはただひとつ! 宿敵・吉良邸への討入りのみ。しかし、討入りするにもお金はかかります。使える予算は9500万円! 果たして、彼らは無事に主君への忠誠を形にすることができるのでしょうか?

 

1 / 3 ページ

あなたにオススメの記事

ライフスタイルテーマ : 【映画】その他の記事

映画
もっと見る