注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

靴を履かせたままの抱っこはやめて!試される親としての気配り

ライフスタイル

2019.04.09

2019.12.02

20190312kodomo01

子どもの靴デビューは嬉しい瞬間ですよね。しかし巷では様々な靴事情があるようす。最近注目を集めていたのは、「靴を履かせたままで抱っこ」という議論でした。一体どういったものなのでしょうか?

マナー違反のシチュエーションあれこれ


“靴を履かせたまま抱っこ”はマナー違反!?

“子どもの靴マナー”は意外と根が深いようす。あるママは「子どもに靴を履かせたまま抱っこしていたら、『マナー違反』だと指摘されました。人がまばらな商店街でのことだったので、大丈夫だと軽く考えていたのですが…」と明かしています。

 

靴で迷惑したエピソード

一方、「靴を履かせたままの抱っこはやめて!」という反対派の人も多くいました。彼らは以前、「靴を履いた赤ちゃんに蹴られた」「服を汚された」といった経験をしているそう。

「子どもの靴が当たって、白いコートを汚されたことがあります。お母さんもそれに気づいてないみたいだったし、できれば脱がせてほしい」
「靴下が当たるのとはわけが違う。すれ違いざまにぶつかったことがあるけど、けっこう痛かったよ!」
「靴って一見綺麗でも、目に見えない汚れが多そうだもんね… 」

 

反対派から経験談が続出


マナー違反となるシチュエーションもある!?

この投稿をきっかけに議論が勃発。「靴を履かせたままの抱っこ」を擁護する人からも、“人ごみではマナー違反”“スーパーではNG”などの条件が挙がっています。

「パン屋さんとか、食品が直接並んでる店でなければ大丈夫だと思いますよ」
「電車は揺れると靴が当たったりして危険だよね… もし空いてたら座りたがるかもしれないし、脱がせておいたほうがいい」
「狭い空間は脱がせたほうがいいんじゃないかな? エレベーターの中とか子どもも興奮して蹴っちゃいそうだし」

 

「マナーではなく教育」という声も…

「靴を脱がせるべきシチュエーション」を問う議論の中で上がっていたのは、「靴が当たってしまったとき、親が謝ってる姿も見せておくべき。靴を履いていなくても、自宅のテーブルに足を乗せたりしなくなると思う」という“親の対応”。

 

また「靴を脱がせるのは“マナー”ではなく、れっきとした教育じゃないかな?」「“靴が当たると嫌がられる”とか、“ここでは靴を脱ぐべき”ということも教えられる」など、靴を脱がせることは“教育”だという声もチラホラ。

 

親としては“今後の子どもの振る舞い”までイメージして、注意をしていきたいですね。

 

注意したい“抱っこマナー”


夫と担当を分けるママも

世の中のママたちは、子どもの靴問題に対してどういった対策をしているのでしょうか? シーンに合わせた対応があるようなので、いくつかピックアップして見ていきましょう。

「パン屋さんには基本的に夫と行く。夫が買いもの担当で、私は外で子どもの面倒を見てるよ」
「赤ちゃんを抱っこしながらスーパーに入るときは、本当に気をつけなきゃいけないよね。商品選びに夢中になって、足が見えなくなることもあるし」
「電車はできる限り空いてる車両を選んでます。靴を脱がせるのはもちろんだけど、脱がし忘れたときも極力迷惑をかけたくないので」

 

アパレルショップで抱っこはNG?

抱っこした際の足に関しては、他にも“マナー違反”があるそう。「電車は人が密集しているから、抱っこする時は相当気を配るべき」「アパレルショップでは抱っこしないでほしい。服に子どもの足が“ザーッ”って当たってるの見たことある」「飲食店の会計前は要注意。帰り際に、他の人のテーブルの上を子どもの靴が通過するからね」など、子どもを抱っこする際には色々なことに配慮しなければいけないようです。

 

“子どもの靴問題”は、親としての“気配り”が試される場面なのかもしれませんね。

 

文/河井奈津

あなたにオススメの記事

ライフスタイルテーマ : 【マナー】その他の記事

マナー
もっと見る