注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

食品の返品は非常識でしょうか…腐った野菜の返品基準を巡る女性たちの迷い

ライフスタイル

2019.02.06

2019.12.02

20190206henpin01

お店で商品を購入する時は、品質や値段などをしっかりとチェックしますよね。特に生鮮食品については、“鮮度に問題がないか”を十分に吟味したいもの。しかし残念ながら“あとから傷モノとわかる”ケースもあり、その際の“返品する基準”が話題となっています。

食品の返品はすべきでない?


ある30代の主婦は、先日スーパーで“3本入り200円”のナスを購入しました。普段からまとめ売りの商品を選ぶことが多く、正直「何げなく選びカゴに入れた」とのこと。ところが家に帰ってナスをカットしたところ、その中の1本が腐っていることが判明。彼女は「すでに切ってしまっているし、食品の返品は非常識でしょうか…」と頭を抱えます。

 

ネット上には、彼女の悩みへの反響が続出。多かったのは「自分の確認不足だからあきらめる」という声で、「もし傷んでいたとしても返品はしないなぁ。見る目のなかった自分が悪いと思ってしまう」「数千円のモノなら返品するけど、野菜は返品しないかな」「野菜は鮮度も含めて、買い手側がチェックすべき。傷んでいたからって返品はしない」などの意見が相次ぎました。

 

また“返品しない派”の中には、「返品しに行く手間が面倒だからあきらめる」との理由を挙げる人もチラホラ。「この間、雨の日にスーパーで野菜を調達した。家で見てみたら何個か腐っていたけど、雨の中また出かけるのも面倒だしあきらめました」「もう欲しいモノもないのに、返品のためだけにスーパーに行くのは億劫だな」といった声が上がっていました。

 

お店は“イメージが下がる”ことの方が恐い?


一方「お金を払ったモノが腐っていたなら、絶対に言うべき!」「お店への注意喚起のためにも返品は必要だよ」と主張する主婦たちも多くいます。実際に“よく交換する”という主婦からは、「傷んだ商品を持っていけば、スーパーの人は嫌な顔せず交換してくれます。玉ねぎとか大根とかよく交換していますよ」とのコメントが登場。

 

この主婦のコメントには「私もバンバン交換してる!」「毎日スーパーに行くから、段々気を遣わなくなるんだよね(笑)」といった賛同の声が相次ぐことに。またある主婦は「スーパーまでの距離や行く頻度によって変わる。遠くてたまにしか行かないお店だったら諦めるかな…」と現実的な悩みを打ち明け、多くの共感を集めていました。

 

他にもネット上には、“スーパー側”の意見も数多く上がっています。新卒からスーパー勤務を続ける男性は、「全然気にせず、レシートと一緒に商品を持ってきてほしい。正直変に『傷んだモノがあった』と言いふらされるより、サクッと返金した方がこちらとしても助かるし…」と発言。続けて「1回の返金のダメージより、お店のイメージが下がることの方が恐いからね」と補足していました。

 

返品しない理由は「面倒だったから」がダントツ1位!


「返品について迷う」といえば、“ネット通販”を思い浮かべる人も多いはず。在庫の買取・処分についてのソリューション提供を行う「株式会社リバリュー」は、「通販での返品に関する調査」を実施。“ネット通販での返品”に関する消費者の対応を明らかにしています。

 

まず「これまで通販で購入した商品に不満な点があった際にどのように対応したか」の問いでは、「我慢してそのまま使う(33%)」が1位にランクイン。続いて2位には「返品する(28%)」、3位に「不満だったことはない(24%)」が入りました。

 

次に“返品しない理由”を尋ねると、1位はダントツで「面倒だったから」の63%。ネット通販の“お手軽さ”に魅力を感じる消費者は、“返品”という手間を避ける傾向にあるようです。また「どのようなサービスがあれば返品してもいいと思うか」の質問では、「返品時の送料が無料」「新しい商品と交換してくれる」「別の商品と交換してくれる」などの回答が登場。

 

“返品”に対する考え方は人それぞれ。支払ったお金や交換までの手間を考え、自分自身が納得できる対応をしていきたいですね。

 

文/牧野聡子

あなたにオススメの記事

ライフスタイルテーマ : 【マナー】その他の記事

マナー
もっと見る