コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

東京都で自転車の保険加入が義務化スタート「大賛成」の裏である懸念が

ライフスタイル

2020.04.15

自転車保険への意識はまだまだ低い…

東京都では加入が義務づけられた自転車保険ですが、現在自転車を使っている人たちはどのように受け止めているのでしょうか? 今年3月にアクトインディ株式会社が「自転車保険に関するアンケート調査」を実施。まず小学生以下の子どもを持つ全国の保護者699人に対して、「自転車事故で高額な賠償金請求ケースがあることを知っていますか?」と聞きました。すると「知っている」と答えた人の割合は89%で、ほとんどの人が自転車事故の危険性を知っていることが判明。

 

一方「自転車保険を知っていますか? また契約していますか?」と尋ねたところ、「知っており、契約もしている」と回答したのは53%という結果に。さらに注目すべきは、45%の人が「知っているが、契約はしていない」と答えたこと。自転車事故の高額請求ケースを知っていても、“うちは大丈夫”と考える人が多いのかもしれません。

 

また自転車保険の加入を義務づける自治体があることについて、「知っている(49%)」と「知らない(51%)」の割合がほぼ半分。まだまだ認知されていないのが現実です。いつ自分が当事者になるかわからない自転車事故。保険へ加入する・しないにかかわらず、交通ルールを守って安全運転を心がけましょう。

 

関連記事:加藤貴子さんが語る子どもを乗せたままの自転車転倒が他人事じゃない

 

文/古山翔

参照/アクトインディ株式会社「自転車保険に関するアンケート調査」https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000193.000026954.html

3 / 3 ページ
あなたにオススメの記事

ライフスタイルテーマ : 【マナー】その他の記事

マナー
もっと見る