注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

保育園でSNSトラブル多発「勝手に写真を投稿しないで」抗議電話も!?

ライフスタイル

2019.08.07


未だあとを絶たない“SNSトラブル”。子育て中の女性たちの間でもSNSは流行っていますが、軽い気持ちで投稿すると思わぬ反感を買う可能性が。最近では、「保育園・幼稚園でSNSトラブルに遭ったことはありますか?」という話題が注目を集めました。

 

ママ友のSNSに自分の子どもの写真が…


質問を投げかけたのは、5歳になる娘の母親・Aさん。ある日ママ友のSNSを覗いてみたところ、Aさんの子どもが一緒に写っている写真を勝手に投稿されていたそうです。

 

本来であればよその子どもはスタンプで顔を隠したり、その保護者に掲載の許可を貰うのがマナー。しかしAさんのママ友は顔を隠すことはおろか、掲載の許可取りもしていませんでした。これには世の主婦たちからも、「それはママ友に常識がなさすぎ!」「今どき中高生でも勝手に公開しちゃいけないことくらい知ってるよ」「知らぬ間にこんなことされていたら怖くてしょうがないわ」「SNSをやる以上、最低限のマナーは守ってほしい」とバッシングの嵐が。

 

どこで誰が見ているかわからないSNS画像。軽い気持ちでアップした写真が、トラブルを招く可能性は大いにあります。そのため保護者の中には、「顔を隠していたとしてもSNSに投稿されること自体が許せない」という人も。その後Aさんは、ママ友に写真の削除を依頼。最終的に事なきを得た今回の一件でしたが、AさんのようなSNSトラブルは決して珍しくありません。

 

保護者参観中に写真をパシャパシャ…


たとえばBさんの場合、保護者参観の最中に写真撮影を行うママ友を目撃しました。参観中の写真撮影は禁止されているにも関わらず、そのママ友はお構いなしにカメラをパシャパシャ…。案の定、他の子どもが写った写真をSNSにアップし、保護者から幼稚園に抗議の電話が殺到。最終的に園長先生が間に入り、写真を削除させたそうです。

 

その他にもネット上では、「幼稚園の公式サイトに、子どもたちの写真を勝手に掲載。しかもモザイクなし」「育児ブログに『子どもの教室です』と、掲示物や下駄箱の名前がバッチリ写った写真を載せるママ友がいる」「今年同じクラスになったお母さんはインスタに子どもの写真を載せまくり。幼稚園から何度も注意されてるのに、全く削除しようとしない」といった声が。

 

最近ではそういったSNSトラブルを考慮して、対策をとる幼稚園や保育園も多いよう。「うちの保育園では園内で写真撮影は禁止。代わりに外部の業者を通して日常の写真をアップしてくれる」「うちは幼稚園行事がある度に『写真をSNS上に投稿しません』と一筆書かないといけない」などのコメントも上がっていました。

 

約3割の保護者が“子どものSNSトラブル”を経験している!?


SNSトラブルは保護者に限った話ではありません。2017年7月に発表された「子どものSNSコミュニケーションに関する実態調査」(「トレンドマイクロ」調べ)では、SNSを利用している子どもを持つ保護者618名にアンケートを実施。そのうち26.2%の保護者が、「SNS利用中に子どもが何らかのトラブルを経験した」と回答しています。ではそのトラブルとは、一体どのようなものなのでしょうか。

 

同調査では「何らかのトラブルを経験した」と答えた保護者に、“トラブルの内容”をヒアリング。第1位には「SNSに熱中して、勉強など生活習慣に悪影響が出てしまった(13.9%)」がランクインし、2位以降には「他人に勝手にログインされた(5.3%)」「性的描写などを含む有害なサイトを閲覧した(5.2%)」「架空請求の被害に遭った(4.9%)」「他人から誹謗中傷された(4.9%)」などが続きました。

 

便利で楽しい反面、トラブルを招きやすいSNS。利用する際は、子どもも大人も気をつけていきたいところですね。

 

文/長谷部ひとみ

あなたにオススメの記事

ライフスタイルテーマ : 【マナー】その他の記事

マナー
もっと見る