注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

マタニティヨガvsマタニティスイミング

ライフスタイル

2019.05.31

133-1

■出産に向けての体力づくりと安産を目指して

すくすくと育っていくお腹の中の小さな命。妊娠後期に入るとぐっと大きくなり、歩くもの大変になります。
体重が増加し、体が重さについていけなくなると、歩くのがおっくうになったりしてしまいがちですが、安産のためにもぜひ運動を取り入れましょう。

運動をすることで出産に必要な筋肉が鍛えられ安産が期待できますし、腰痛や足のツリといった妊娠中の不快感の改善が期待できます。
今回はプレママさんに人気のマタニティスポーツをご紹介します。


■プレママさんに人気のマタニティスポーツ

マタニティスポーツは安定期に入る妊娠5カ月(妊娠16週)頃から出産直前まで続けられます。
マタニティスポーツは色々ありますが、中でも始めやすく人気なのが「マタニティヨガ」と「マタニティスイミング」です。
ヨガもスイミングもよく知っている言葉だと思いますが、マタニティがつくと何が違うのか、紹介していきたいと思います。

①マタニティヨガとは

そもそもヨガとはどんなスポーツなのか少し解説いたします。「ヨガ」とはサンスクリット語で「つながり」を意味しています。
心と体、魂がつながっている状態のことを表します。呼吸、姿勢、瞑想を組み合わせて、心身の緊張をほぐし、心の安定とやすらぎを得るものです。(引用:NPO法人日本YOGA連盟)

マタニティヨガとはヨガのスタイルをそのままに、ゆっくりとした呼吸でお産に必要な筋肉を鍛えます。
合わせて瞑想をしながらママになる自身と向き合い、心を整えていくスポーツです。

②マタニティスイミングとは

プレママさんでも安心して取り組めるスイミングです。
浮力で体が軽く感じるので運動がしやすく、転んでもケガの心配が少ないので人気があります。
大きいお腹にも対応できるマタニティ用の水着の用意が必要ですが、可愛いのがたくさんありますので、水着選びから楽しめそうです。

1 / 3 ページ

あなたにオススメの記事

ライフスタイルテーマ : 【趣味】その他の記事

趣味
もっと見る