注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

「ばーばなんて嫌!」いまどき祖母が希望する〝キラキラ呼び名〟にドン引き!!

ライフスタイル

2019.05.09

shutterstock_280359788

最近の中高年女性は若々しくて、年齢よりもずっと若く見える方も多いもの。初孫が産まれてうれしい反面「おばあちゃん」と呼ばれることに、まだまだ抵抗を感じる人も多いのだとか。そんな実母や姑が「おばあちゃん」と呼ばれるを回避すべく、リクエストした〝呼び名〟がスゴかった(笑)。キラキラ呼び名にドン引きした、ママたちのお話をご紹介します。

 

■あなたも「かなちゃん」って呼んで順子さん/32/保育士)

私の母親は「かなこ」という名前ですが、親戚や友人からは「かなちゃん」と呼ばれています。それは別に良いのですが…子どもが産まれたとき「ほら、ばーばだよ」と言ったところ、「ばーばなんてイヤ! かなちゃんにして」と言い出したのです。

「え、おばあちゃんでいいじゃん!」と言っても「おばあちゃんって呼ばれるのは、すごく老けたみたいでイヤ! かなちゃんにして!」と譲りません。あげくの果てに「あなたも私のことをかなちゃんって呼んで」と言い出したのです。

「私が日常的に呼んでいれば子どもも覚えるから」という理由らしいです。なので母と話すときはこれまで通り「お母さん」と呼びますが、子どもに母親の話をするときは「かなちゃんがね…」と呼ぶハメに。

娘はいま5歳になりましたが、旦那の両親は普通に「おじいちゃん」「おばあちゃん」、私の父のことも「じーちゃん」と呼んでいます。母だけは「かなちゃん」…私はいまだに慣れないのですが、母自身は満足しているようです。

■「おーちゃん&あーちゃん」はどうかしら?(まきさん/35/トリマー)

shutterstock_150593741

うちの娘は両家にとっての初孫。どちらの両親も「かわいい」「天使だわ」と大興奮しながら写真を撮ったり、おもちゃや洋服を買い与えたりしていました。

私の両親は相応の年齢なので、母も自然に「おばあちゃんですよー」と話しかけていたのですが、姑は若くして旦那を産んだので、まだギリギリ40代。「おばあちゃん…ね…」と抵抗を感じている様子でした。

そして私の両親が席を外したところで「そうだわ『あーちゃん』ってどうかしら!」とひらめいた表情。「どっちも『おじいちゃん』『おばあちゃん』だと、ややこしいじゃない。私たちのことは『おーちゃん』『あーちゃん』がいいと思うの!」と熱く語りだしたんです。

そのときは勢いに押されて承知しましたが…「おばあちゃん」がよほどイヤだったんでしょうね。いまも2歳になった娘が「ばーば」と言いかけると、「あーちゃんだから! あーちゃんよ!」と必死に訂正しています(笑)。

■うちに「おばあちゃん」はいないよね?(玲子さん/36/事務員)

shutterstock_12499300

私の母と姑とは中学時代から仲良しの同級生。私が息子を産んだときも「おばあちゃんってイヤじゃない?」「そうよね、なんだか年取ったみたいで…」と、ふたりが病室で大盛り上がりしていました。

そのまま病室で〝孫になんと呼ばせるか会議〟が開催され、結局私の母は「ママのママだから」という理由で「大ママ」、姑は「グランマ」と決定したのです。そんな祖母たちから教育を受けて成長した息子は、二人を「大ママ」「グランマ」と呼んでいます。ただし父と舅はフツーに「おじいちゃん」と「じーちゃん」ですけど(笑)。

そんな息子が4歳になったときのこと「ねえねえ、ぼくにはおばあちゃんっていないよね?」と質問してきたんです。どうやら保育園で、祖父母参観の話になったようなのですが、自分には「おじいちゃん」はいても、「おばあちゃん」はいないと思ったようで。

なんとか説明して納得してくれたのですが、危うく「おばあちゃんはいない」ことにされてしまうところでした。まぎらわしい呼び名は止めて欲しいです。

shutterstock_478381057

「『おばあちゃん』がふたりだとややこしい」という理由で別の呼び名にさせた、という話はよく聞きますが…それって「おばあちゃん回避」の言い訳なんですかね(笑)。子どもが混乱しない程度に、お好きな呼び名で呼んでもらっちゃってください!

 

ライター:矢島みさえ
心理カウンセラーとして勤務しながら、ライターとしても活動中。オタクな母と同じ道を歩まぬよう、2人の娘には、王道のアニメしか見せていなかったにも関わらず、長女は創作活動、次女はマイナー路線への道を歩み始めていることに、少し頭を悩ませています。

あなたにオススメの記事

ライフスタイルテーマ : 【趣味】その他の記事

趣味
もっと見る